meleapが3億円の資金調達 ARスポーツ「HADO」の展開を加速、アメリカ・マレーシアに支社設立

 ニュース 
  公開日時 

株式会社meleapは、インキュベイトファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル(3号投資事業有限責任組合)から総額3億円の資金調達を実施したことを発表した。

スポンサーリンク

HADOとは

meleapが開発展開しているHADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツ。
3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

meleapはHADOをフランチャイズ展開し、世界中に店舗を広げており、現在、「HADO MONSTER BATTLE」や「HADO SHOOT!」などのHADOシリーズも含めると常設店舗数は世界9ヶ国、25店舗となり、延べ60万人以上が体験しているという。

meleapは調達した資金の使い道を、HADOの海外展開を加速させるためアメリカ(ロサンゼルス)とマレーシア(クアラルンプール)に支社を作り、店舗開拓と顧客サポートの体制を強化していくとしている。
また同時に、HADO以外のARを使った新競技も開発を進めており、来年のリリースに向け開発体制を強化していく。

12月3日にはHADO WORLD CUPも開催

今年の12月3日には、HADOの世界大会「HADO WORLD CUP 2017」も開催予定。賞金総額は300万円。今年は最大6ヶ国からの選抜チームが集い、東京タワー横のスターライズタワーで激闘を繰り広げる。

HADO WORLD CUPの公式情報

http://meleap.com/worldcup/