【リネレボ】オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!

 リネレボ 
  公開日時 

リネレボは「スマホゲー」として特化するために様々な最適化がされており、「オートモード」(自動戦闘)はその一つと言えます。

このゲームをやる上で、このオートモードは重要な要素となってきます。しっかりオートモードの違いやメリットを理解をしておきましょう!

スポンサーリンク

オートモード(自動戦闘)の種類

オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!

自動戦闘(オートモード)は、四角で囲んだアイコンをタップすると発動します。

アイコンの周りが「黄色」「青色」になっていれば、戦闘を自動で行ってくれるようになります。

オートモードは「黄色」と「青色」で違いがあるので、それも解説しておきます。

黄色モード(スキル不使用のオートモード)

オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!黄色状態のオートモードでは、アクティブスキルを使わず通常攻撃のみで自動戦闘を行います。例えば弱いモンスターのコア集めなど、スキルを使わず無駄なMPを消費したくない場面で重宝します。

青色モード(スキル使用のオートモード)

オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!

青色状態のオートモードでは、アクティブスキルをガンガン使って自動戦闘を行います。高難易度ダンジョンや、エリートダンジョンなど速度を重視する場合に重宝します。

オートモードのメリット

リネレボでは「放置狩り」がやりこみ要素の一つであり、このオートモードを活用すればその名の通り「放置」しているだけでも進めることができます。

オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!

特に大量にモンスターを狩るエリートダンジョン、コア集めなどでは、スマホの電源さえ切れなければ永遠と狩りをすることができます。こちらが操作する必要もないので、他の事をしながら狩りをしてくれます。

コア集めをすることで地味ながら戦闘力を上昇させることが出来ます。リネレボの大きなやりこみ要素の一つなので、積極的に放置狩りをしていきましょう。

オートモードでのオススメ設定

オートモードの種類(黄色と青の違い)、メリットなどを解説!

放置狩りを行う場合には「設定」から「戦闘」を表示し、自動戦闘時の移動範囲を「周辺」にしておきましょう。

「現在地」だとそこからほとんど動けないため、棒立ちをしている時間が長くなり効率が悪くなります。逆に「遠距離」にしてしまうと、長時間放置していると違うエリアにまでオートで移動してしまい、目的と違うモンスターを狩ってしまう危険性があります。

放置狩りの前は必ず確認しておきましょう。