“電脳世界”を舞台とした新作VRリズムゲーム『D³VINER』を今冬配信に向けて開発中!【株式会社クラウドクリエイティブスタジオ】

 ニュース 
  公開日時 

株式会社クラウドクリエイティブスタジオは、 新作VRタイトル『D³VINER』を開発中であることを発表。 同社が開発するゲーム特化型VRプラットフォーム『V-REVOLUTION』より、 今冬の配信を予定している。

スポンサーリンク

■新作VRタイトル『D³VINER(ディバイナー)』とは

本作は、 プレイヤーがサイバーハッカーとなって『Dance Defense Data(D³)』に守られた電脳世界に飛び込むというバーチャル世界のVRリズムゲーム。 この電脳世界に棲む少女、 Sharon(シャロン)のナビゲートとともに、 ハッキングに挑んでいく。

■舞台は“電脳世界”

電脳世界『セントラル』と呼ばれる分散型AI管理システム上で、 この世界の住人は『VINE(ヴァイン)』と呼ばれるHMD型装置を利用して生活しており、 中核AIシステム『マザー』によって平和が保たれている。 しかし、 そのマザーの様子が…?

■サイバーハッカー『VINER(ヴァイナー)』の存在

マザーの異変に気づいたサイバーハッカー『VINER(ヴァイナー)』と呼ばれる一部の人間が、 異変を解消するためにシステムにハッキングをしかける。
VINERが使用するVINEは、 対マザー用の改造型VINE。 通常のVINEではアクセスできない管理者権限までアクセスできるように改造したもので、プレイヤーもVINERとなりハッキングに挑戦する。

■音楽に合わせて、 データを弾け!

この電脳世界では、 音楽に合わせてマザーの防御セキュリティのデータである『D³』がプレイヤーに向かってくる。 両手に纏うエネルギー状のシールド『D³flector(ディフレクター)』を駆使してD³を弾き返していこう。
向かってくるD³は、 叩くことでボールを叩いたように空間へ返っていく。壁などに反射して戻ってくる場合はもう一度D³を叩く必要がある。 D³×プレイヤーのアクションが、 音楽のリズムにマッチ!音ゲー好きにもマッチすること間違いなしのVRリズムゲームとなっている。

■少女の名は、 Sharon(シャロン)

電脳世界でのみ生きることを許された少女。 常に電脳世界に浮遊しており、 ハッキング目的で侵入したプレイヤーをサポートしてくれる存在。 しかし、 その存在は謎に包まれており、 現実世界で生きているという噂があるが、 その真相は…。

■『V-REVOLUTION』より配信予定

『D³VINER』は同社が開発するゲーム特化型VRプラットフォーム『V-REVOLUTION』より、 配信を予定している。 アミューズメント施設でVR×リズムゲームを楽しめるよう、現在鋭意開発中とのこと。

<製品概要>

製品名:『D³VINER』
サービス開始日:今冬
プラットフォーム:『V-REVOLUTION』
対応ハード:HTC Vive、 他
公式サイト: http://cc-studios.sakura.ne.jp/Sharon/
公式Twitter: https://twitter.com/d3viner
公式Instagram: https://www.instagram.com/d3viner/
公式Facebook: https://www.facebook.com/D3viner-120266475310176/
権利表記:(C) CLOUD CREATIVE STUDIOS, INC.