体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」が12/11(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードをジャック!

 ニュース 
  公開日時 

株式会社スクウェア・エニックスは、シリーズ初のオンラインRPG『ドラゴンクエストX オンライン』 において、サービス開始から5周年を記念した全長約80mの体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」を12月11日(月)~12月17日(日)の1週間、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて展開する。

スポンサーリンク

この「ドラゴンクエストXのきせき」では、 『ドラゴンクエストX』の5周年を記念して、合計5つの見どころを用意。今までの『ドラゴンクエストX』の“軌跡”や、 鳥山明氏のキャラクターデザインを楽しめるミュージアム、プレイヤーの皆様の想い出の写真で創り上げたモザイクアート、フラッシュ撮影すると何かが起こる窓枠…など、全長80mにも及ぶ、見応えのある屋外広告となっている。体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」が12/11(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードをジャック! さらに、『ドラゴンクエストX』サービス開始からの5年間の“軌跡”のなかで生まれた“奇跡”のようなエピソードを基に映像化するプロジェクト、 『冒険者たちのきせき』の最新作、 EPISODE3.「時と場所を越えて、 アストルティアで出会って」を、当屋外広告内にて初公開。第三弾は、お笑い芸人の鉄拳さんが手掛けるパラパラ漫画によるムービーとなっており、合計1,500枚を超える大作を70インチの大画面で楽しめる。

体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」 概要

●キャンペーンサイトURL
「ドラゴンクエストXのきせき」
http://www.dqx.jp/5thanniversary

5周年を記念した5つの見どころ

1. A面 「きせきミュージアム」

2012年8月に発売した『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』から2017年11月16日に発売した最新追加パッケージ『ドラゴンクエストX 5000年の旅 遥かなる故郷へ オンライン』までの歴代のパッケージイラストを紹介、5年間の“軌跡”を振り返ることができる。また、 『ドラゴンクエストシリーズ』のキャラクターデザインを手がける鳥山明氏の各キャラクターデザインを閲覧することができる。

2. B面(左)「冒険者たちのきせき 映像シアター」

『冒険者たちのきせき』特設サイト(URL: http://www.dqx.jp/kiseki/ )で公開されている、 オリジナルアニメEPISODE1.『名前の想い』、本郷奏多さんが主演を務めた実写ドラマEPISODE2.『どの職業で戦うか迷う話』の2つの作品や、『ドラゴンクエストX』のプロモーション映像を、70インチの大画面で鑑賞することができる。

3. B面(右)「きせきの窓」

「Rainbow Film™」と呼ばれる印刷技術を活用した窓枠。 一見 鏡のように見える窓が、スマートフォン、デジタルカメラでフラッシュをオンにして撮影をすると、その光に反応し、窓から見える『ドラゴンクエストX』の世界を楽しむことができる。

4. C面「冒険者たちのきせき EPISODE 3」

お笑い芸人である鉄拳さんが『冒険者のきせき』の第三弾として、EPISODE3.「時と場所を越えて、 アストルティアで出会って」をパラパラ漫画で表現。鉄拳さんが描いた1,500枚超のパラパラ漫画のうち、一部のコマを公開するとともに、実際にパラパラ漫画を自分の手でめくることができる体験コーナーも設置。
なお、 EPISODE3.「時と場所を越えて、 アストルティアで出会って」は、本屋外広告にて初公開。

5. D面「きせきのモザイクアート」

『ドラゴンクエストX』のプレイヤーの皆様から想い出の写真を募集し、1枚の大きなモザイクアートを創り上げている。 ゲーム内で登場するキャラクターやモンスターが勢揃いしたモザイクアートを『ドラゴンクエストX』のプレイヤー達の“軌跡”や、 プレイヤー間で起きた“奇跡”と共に楽しむことができる。

体験型屋外広告「ドラゴンクエストXのきせき」が12/11(月)より東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードをジャック!