「VR ZONE SHINJUKU」が「クールジャパン・マッチングアワード2017」のグランプリを受賞

 ニュース 
  公開日時 

12月4日(月)に開催された「クールジャパン・マッチングアワード2017」表彰式において、「VR ZONE SHINJUKU」がグランプリを受賞した。

スポンサーリンク

「クールジャパン・マッチングアワード」は、コンテンツ等と他分野が連携した取組事例とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的としており、日本の魅力を海外に展開する商品やサービス等を生み出す先進的な異業種連携プロジェクトを表彰する目的で実施されている。

今年は全55件の応募プロジェクトの中からグランプリ1件、準グランプリ2件、審査員特別賞2件が選出され、「VR ZONE SHINJUKU」がグランプリを受賞した。

「VR ZONE SHINJUKU」は2017年7月に東京・新宿にオープンしたヴァ―チャルリアリティ(VR)をテーマとしたエンターテインメント施設。オープン当初より大きな話題を呼び、現在でもその人気は継続している。

準グランプリは「映画『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』」と「SNOW×日本のコンテンツ 『顔認識スタンプ』共同開発」が、審査員特別賞は「STAR ISLAND」と「電玉 SAO EDITION」がそれぞれ受賞した。

「クールジャパン・マッチングアワード2017」詳細情報はこちら