「リーグ・オブ・レジェンド」が2018年アジア競技大会の公式公開競技に選出

 ニュース 
  公開日時 

Riot Gamesは5月15日、2018年アジア競技大会(アジア大会)の公式公開競技として実施される6つのeスポーツタイトルの中で、「リーグ・オブ・レジェンド」(League of Legends / LoL)がその1つのタイトルに選ばれたことを発表した。

「リーグ・オブ・レジェンド」が2018年アジア競技大会の公式公開競技に選出

アジア競技大会は4年ごとに開催される、アジア全土からアスリートが集まる大陸規模の総合競技大会。

Riot Games eSportsはチーム選出過程および試合形式の決定においてアジアオリンピック評議会とその加盟国に助言を行い、大会を支援する。

2018年のアジア競技大会はインドネシアのジャカルタとパレンバンで8月18日から9月2日にかけて開催され、「リーグ・オブ・レジェンド」の決勝ラウンドは8月後半に行われる。

Jarred Kennedy(Riot Games eSports共同代表)のコメント

『リーグ・オブ・レジェンド』がアジア競技大会の公式競技に選出されたことを光栄に思います。オリンピックで母国を代表することは世界中のアスリートたちの夢であり、この度の栄誉は私たちのスポーツにとって、その夢を実現するための一歩となるでしょう。私たちはオリンピック・ムーブメントに賛同しており、大会の成功を目指してアジアオリンピック評議会と協力できることを楽しみにしています。