VR脱出アドベンチャーゲーム 『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』 正式リリース決定!&東京ゲームショウ2018出展のお知らせ 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 

<<発信元のニュースをそのまま掲載しています>>

あまた株式会社は、VR脱出アドベンチャーゲーム『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』の正式リリース決定と、「東京ゲームショウ2018」(会期:2018年9月20日~23日 於:幕張メッセ)へ出展することをお知らせいたします。

■『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』とは
「VR時代の新しいアドベンチャーゲーム」をコンセプトに開発され、VRだから実現できる世界観と仮想キャラクターとのコミュニケーションを体感できる「VR脱出アドベンチャーゲーム」です。初披露となった東京ゲームショウ2016ではプレビューバージョンであるにも関わらず、長蛇の列を生み、プレイ後の感想では発売を望む声が殺到しました。また、欧州最大のVRイベント「Laval Virtual 2017」では、最も優れたVR/ARコンテンツとして Laval Virtual Award Best VR/AR Contents を受賞し、海外でも高く評価されました。
開発は『どこでもいっしょ』(1999年、PlayStation(R))シリーズのディレクター・プロデューサーを務めた高橋宏典がディレクター・プロデューサーを担当し、その他にも有名ゲームタイトルに携わってきたメンバーが多数参加しています。

■2019年春(予定) 正式リリース決定!
皆様からのご好評を受け、この度、正式にリリースすることを決定いたしました。2019年春に世界同時・マルチプラットフォーム対応にて発売を予定しています。配信プラットフォーム(ダウンロード専用)はPlayStation(R)Store、Steam(R)、Oculus Store、Microsoft Store、対応ヘッドマウントディスプレイは、PlayStation(R)VR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality Headsetとなっており、幅広いVRユーザーにプレイしていただけます。

■「東京ゲームショウ2018」出展
正式リリースを前に、本作の一部を体験できる、『TGS限定試遊版』を「東京ゲームショウ2018」の「VR/ARコーナー:10-W09」に出展いたします。ぜひこの機会にプレイしてみてください。

■ストーリー
「…ここは、いったい!?」
気が付くと、見知らぬ館の中にいた。
椅子に座っていたので立ち上がろうとしたが、動くことができない。身体を見ると拘束具で全身を固定されている。手首も固定されていて自由が効かない。座っているのはどうやら車椅子のようだ。
視界の隅に、人影を感じる。
「!?」
目の前には、少女が一人。冷たい瞳でこちらを見つめていた。

■キャラクター
館の中で出会う謎の少女。プレイヤーを手助けしながら共に脱出を目指す。

■ゲーム概要
タイトル:Last Labyrinth (ラストラビリンス)
ジャンル:VR脱出アドベンチャーゲーム
対応HMD:PlayStation(R)VR、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Reality Headset
対応機種:PlayStation(R)4、上記HMD推奨PC相当(Intel(R) CoreTM i5 4590 /NVIDIA GeForce GTX 1060以上)
配信プラットフォーム(ダウンロード専用):PlayStation(R)Store、Steam(R)、Oculus Store、Microsoft Store
プレイ人数:1人
オンラインモード:非対応
発売日:2019年春予定
CERO:審査予定
価格:未定
公式サイト:http://lastlabyrinth.jp
著作権表記:(C)2016 AMATA K.K.
東京ゲームショウ2018小間番号:10-W09

■会社概要
会社名:あまた株式会社
代表:代表取締役社長 高橋 宏典
所在地:〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-5-2 佐藤ビル5階
設立:2008年6月25日
事業内容:ゲーム事業他
公式サイト:http://amata.co.jp/
公式ブログサイト:http://blog.amata.co.jp/
あまた株式会社について:弊社は大手ゲーム会社のスマートフォンゲームの開発を多数手がけているゲーム開発会社です。ゲーム業界のキャリア20年以上のベテランゲーム開発者が多数在籍しており、その豊富な経験を生かしてゲームの企画、開発、運営を行っています。ゲーム開発を軸に、VRや映像、メディアなど、エンタテインメント領域における新規事業への取り組みも積極的に行っています。