日本ゲーム大賞2017 アマチュア部門各賞決定!

 ニュース 
  公開日時 

「日本ゲーム大賞 2017(JGA2017)」にて、「日本ゲーム大賞 アマチュア部門」受賞9作品の中から「大賞」および「優秀賞」、「佳作」、そして「個人賞」の各賞が発表されました。

スポンサーリンク

『はさむ』をテーマとした今年のアマチュア部門は、過去最多の409作品の応募がありました。一次、二次、そして最終審査とそれぞれ厳選なる審査を実施した結果、ECCコンピュータ専門学校の「トレース製紙工場」が制作した『トレースペーパー』が見事、大賞を受賞、409作品の頂点に輝きました。

また、個人が制作した作品の中から最も優れた作品に贈られる「個人賞」には、『Ultimate Selfy(アルティメット・セルフィ)』(制作者:柴田駿佑氏)が選ばれました。

「日本ゲーム大賞2017 アマチュア部門」各賞一覧 (優秀賞・佳作:カナ50音順)

大賞

タイトル:トレースペーパー
製作者:トレース製紙工場

優秀賞

タイトル:Ultimate Selfy
製作者:柴田 駿佑

タイトル:DOOR
製作者:扉工務店

タイトル:トレースペーパー
製作者:トレース製紙工場

タイトル:ぱくロール
製作者:チーム「ぱくロール」

タイトル:Pixmash
製作者:Explon

佳作

タイトル:スクラップファクトリー
製作者:チームスクラップファクトリー

タイトル:TWIN CANDLES
製作者:髙木 雄太

タイトル:はさめ ぴよちゃん
製作者:ぴよちゃん保護団体

タイトル:Pechantet
製作者:ジブンデ!!

個人賞

タイトル:Ultimate Selfy
製作者:柴田 駿佑

大賞作品『トレースペーパー』

制作者:トレース製紙工場、ECCコンピュータ専門学校

トレーシングペーパー上に描かれた足場となるラインの上を進み、キャラクターをゴールまで導くアクションパズルゲーム。使えるペーパーは最大4種類。

スタートとゴールが描かれたペーパーが1枚目。残りのペーパーには、それぞれ異なる足場のラインが書かれています。ゴールするのに必要な足場の位置を考え、ペーパーを入れ替えて進む方向を変えたり、重ねて邪魔な足場を薄く透けさせて外したり、正しい順番でペーパーを入れ替え、挟まないとゴールできません。

「ペーパーを挟む」というアイデアを元に、「使用枚数の制限と挟む順番」をゲーム性に反映させた企画力に優れた作品です。

個人賞は『Ultimate Selfy』

応募総数409作品中、個人からの応募は50作品。その中から柴田駿佑さん制作の優秀賞受賞作品『Ultimate Selfy(アルティメット・セルフィ)』が個人賞を受賞しました。

審査員の今井仁氏(グリー株式会社)からは、「軽快なプレイヤーキャラクターの動きと、敵を挟んだ時の演出の気持ちよさ。
ついつい遊んでしまう中毒性のあるゲームで、普通にプレイするだけでなく、上級者向けに高度な技を用意してあるのも心憎い!」と評価しております。

 

「日本ゲーム大賞 アマチュア部門」は、法人、団体、個人、学生、一般を問わずアマチュアの方が制作されたオリジナルの作品を対象に募集しています。
審査は、業界誌編集者、クリエイターによるプレイ映像の視聴審査(一次審査)、試遊による二次審査、そして発表授賞式のプレゼンターおよび各賞の講評を務める業界誌編集長とトップクリエイターによる試遊審査(最終審査)により、各受賞作品を決定します。来年度もゲーム産業を担う、未来のクリエイター
たちから情熱溢れる作品を募集する予定です。

◇日本ゲーム大賞2017
http://awards.cesa.or.jp/