インディーゲームにフォーカスをあてた大型複合ゲームイベント 「TOKYO SANDBOX 2017」開催のお知らせ

 ニュース 
  公開日時 

ゲームメーカーのサポートなどを主業務とする、kulabo, Inc(所在:東京都千代田区、CEO:Kevin Lim)は、Maker ToolsetとHanaji Gamesの協力のもと17年5月10日(水)から14日(日)まで、インディーゲームにフォーカスをあてた大型 複合ゲームイベント、「TOKYO SANDBOX 2017」を都内各所で開催いたします。

「TOKYO SANDBOX 2017」とは

東京発のインディーゲームイベントとして、2015 年 5 月に開催され話題を呼んだ「TOKYO INDIE FEST 2015」。 「TOKYO SANDBOX 2017」は、昨今国内でも更に勢いを増しつつあるインディーゲーム業界の活性をさらに発展させ るべく、国内外のゲームビジネス関係者を一堂に会する機会を設け、開発者とそのタイトルに注目する投資家、ならび に大手ゲームパブリッシャーとのマッチング、さらにゲームファンと開発者の交流を主目的とするイベントです。

今回の「TOKYO SANDBOX 2017」は【PUSH】【VR LOUNGE】【TOKYO INDIE FEST】【CODING FOR LIFE】の 4 つで構 成されており、会期中、都内各地で開催されます。

「TOKYO SANDBOX 【PUSH】」について

【PUSH】 http://www.tokyosandbox.com/push/

【PUSH】は会期中、都内各所の会場にて開催する開発者向けのサミットです。
各セッションでは、議題ごとに国内外の様々なゲストスピーカーに登壇いただき、経営・運営について、IP 管理について、プロジェク ト管理について、海外パブリッシングについてなど、スペシャリスト達の講演が催されます。

注目のセッション抜粋

10 日(水)
会場: JINNAN CAFE 渋谷
・18:40~ 安田 善巳 <角川ゲームス代表取締役社長>
・19:00~ 「投資家たちがゲームスタジオに求めること。」

11 日(木)/12 日(金)
会場: TKP ガーデンシティ 渋谷
・調整中 『Candy Crush Saga』のプロデューサー、Resolution Games の CEO、Tommy Palm 氏
・調整中 『Crossy Road』のクリエイター、Hipster Whale の Matthew Hall 氏
・調整中 最高の VR ゲームと評価されている『JOB SIMULATOR』、Owlchemy Labs の CEO、Alex Schwartz 氏
・調整中 『ガンボルト』他、国内外で大変評価の高い開発会社 INTI CREATES 代表の會津 卓也氏
・調整中 『Vane』の発表が世界中より待望されている期待のクリエイター、Friend and Foe の Matt Smith 氏

詳細につきましては上記 URL を随時更新しております。ぜひご参照ください。

「TOKYO SANDBOX 【VR LOUNGE】」について

【VR LOUNGE】 http://www.tokyosandbox.com/vr-lounge/

【VR LOUNGE】は会期中 13 日(土) (関係者のみ)、14 日(日) (一般公開) 10 時~17 時、【TOKYO INDIE FEST】と同会場の UDX ア キバ・スクエアにて開催されます。

昨今、大きな注目を集める VR コンテンツ。その中でも選りすぐりのタイトルが会場に集まります。

注目のタイトル抜粋

『The Gunner of Dragoon』 (開発:Hydragea)
https://www.circle-hydrangea.net/the-gunner-of-dragoon/

『SEIYA』 (開発:WANDV)
http://wandv.jp/service/product/seiya

『GNOG (ノッグ)』 (開発:KO_OP)
http://www.gnoggame.com/

詳細につきましては上記 URL を随時更新しております。ぜひご参照ください。

「TOKYO SANDBOX 【TOKYO INDIE FEST】」について

【TOKYO INDIE FEST】 http://www.tokyosandbox.com/tokyo-indie-fest/

2015 年 5 月以来、2 度目の開催を迎えた東京初の大型インディーゲームイベント【TOKYO INDIE FEST】が帰ってきました。

会期は 13 日(土) (関係者のみ)、14 日(日) (一般公開) (10 時~17 時)。前回と同様に UDX アキバ・スクエアにて開催されます。

一般入場料 2,500 円(税込) 学生 1,000 円(税込)

国内外より注目のインディーゲームデベロッパーが東京に集結します、ぜひご来場いただき気鋭のコンテンツたちをご体験くださ い。

注目作の一部抜粋

『THE WILD EIGHT』 (販売:HypeTrain Digital)
http://hypetraindigital.com/the-wild-eight-coming-soon/

『Tribal Siege』 (開発:BOHDOKUMEN)
http://yodoshi-camp.sakura.ne.jp/tribalsiege

『LIGHTFIELD』 (開発:Lost in the Garden)
http://lightfieldgame.com

『TOKYO DARK』 (開発:Cherrymochi) http://www.tokyodark.com/index-jp.html

『マヨナカ・ガラン』 (開発:CAVYHOUSE)
http://www.cavyhouse.net/star/

『LAST STANDARD』 (開発:I From Japan)
http://www.i-fromjapan.com/

『TINY METAL』 (開発:AREA 34)
http://tinymetal.com/

『Research and Destroy』 (開発:Implausible Industries)
http://implausibleindustries.com/research-and-destroy/

『CREEPING TERROR』 (開発:SUSHI TYPHOON GAMES)
http://nikkatsu.com/game/sushityphoon/creepingterror/jp/

他多数出展予定。

詳細につきましては上記 URL を随時更新しております。ぜひご参照ください。

「TOKYO SANDBOX 【CODING FOR LIFE】」について

【CODING FOR LIFE】 http://www.tokyosandbox.com/coding-for-life/

【CODING FOR LIFE】は会期中、14 日(日)、【TOKYO INDIE FEST】と同会場の UDX アキバ・スクエアにて開催されます。
学生や若者にゲームを通じてプログラミングとゲームデザインを学ぶことを奨励する新たな取り組みです。
収益の一部は恵まれない子供たちの教育募金として使用いたします。ご賛同よろしくお願い申し上げます。

<参照 URL>

・TOKYO SANDBOX 2017
http://www.tokyosandbox.com/
http://www.tokyosandbox.com/push/
http://www.tokyosandbox.com/vr-lounge/
http://www.tokyosandbox.com/tokyo-indie-fest/
http://www.tokyosandbox.com/coding-for-life/

・イベントチケット販売ページ
http://tokyosandbox2017.peatix.com/

関連企業

・kulabo, Inc?http://kulabo.co/
・Maker Toolset http://makertoolset.com/ja/
・Hanaji Games https://www.hanaji.com/

※発信元のプレスリリースを一部表示を編集した上で内容を変えずに掲載しています。

東京サンドボックス関連記事

東京インディフェスに遊びに行ってきたぞ!デジタルライターの筆者が気になる出展ブースを一挙に紹介!
インディーゲーム複合イベント「東京サンドボックス2017」、のべ1850人を動員し閉幕
「東京サンドボックス」のゲームサミット「PUSH」にOculus創業者パルマー・ラッキー氏が登壇決定!
「東京サンドボックス」のゲームサミット「PUSH」にモバイルゲーム&VRゲームの世界的キーマンが集結
『東京サンドボックス』にメディアパートナーとして参加いたします
東京サンドボックスの基調講演に角川ゲームスの安田善巳氏が登壇 講演テーマは「日本のゲーム産業に対する大いなる誤解」
インディーゲームにフォーカスをあてた大型複合ゲームイベント 「TOKYO SANDBOX 2017」開催のお知らせ