『プロ野球タクティクス』 に「OD」選手カードが新登場!

 ニュース 
  公開日時 

2016シーズンの主役たちが強力なスキル付きで勢揃い!

株式会社gloopsは、配信中のスマートフォン向けプロ野球シミュレーションゲーム『プロ野球タクティクス』において、「OD」選手カードの配信を開始いたします。

d7342-370-448074-3
株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 秀行)は、配信中のスマートフォン向けプロ野球シミュレーションゲーム『プロ野球タクティクス』において、2016年10月31日(月)より、新たに「OD」選手カードの配信を開始いたします。

■2016シーズンの主役たちが新デザインのカードとなって登場!
Over Drive」の頭文字を取った「OD」カードは、プロ野球12球団より2016年シーズンに活躍した選手をピックアップした、限定選手カードです。
(ODカードのレアリティは「Elite」、「Super Elite」、「Hero」の3種類となります)

新デザインで登場するODカードには、通常のサブスキル※スロットに加えて、ODカード用のスロットが用意されており、「サブスキルSP」と呼ばれるODカード専用の特別なスキルがあらかじめ装備されています。

ODカードは、10月31日(月)より開催の「Over Driveガチャ」にて入手可能です。
2016年のペナントレースを彩った主役たちの新カードを手に入れましょう!
d7342-370-877005-2
※サブスキル:選手に自由に装備できるスキルです。試合中にスキルが発動することで、選手の能力が
アップします。

■「Over Driveガチャ」でODカードを手に入れよう!
d7342-370-448074-3
新登場の「OD」選手カードも入手可能な「Over Driveガチャ」を、期間限定で開催いたします。
本ガチャは1回または10回(10連)から選んで挑戦でき、10連ガチャは10枚目が「Hero」以上確定となるボーナス付きとなっております。強力な新カードを手に入れるチャンスをお見逃しなく!

<開催期間>
2016年10月31日(月)15:00 ~ 11月7日(月)14:59

□『プロ野球タクティクス』について
『プロ野球タクティクス』は、プロ野球12球団の現役選手が実名・実写で登場する、プロ野球シミュレーションゲームです。
野球の醍醐味である「かけひき」を、投打時に選択肢を設けることで再現し、自らの野球知識を活かした戦いが可能となります。
プレイヤーは選手獲得・育成・オーダー編成を行い、“自分だけ”のチームでリーグ戦を戦い、日本一の最強チームを目指します。
選手の育成においても、選手ごとに異なる成長タイプ・メインスキルに加え、自由に設定出来るサブスキルにより、好みに応じて“自分だけ”の選手に成長させることが可能となります。
その他、選手の躍動感を引き立てるカードデザインや臨場感ある実況など、多くのプロ野球ファンの皆様にお楽しみいただける、野球ゲームとなっております。
d7342-370-534796-4
※ゲーム画面、カード画像はすべて開発中のため、実際とは異なる場合があります。

【タイトル概要】
□タイトル名:?プロ野球タクティクス
□ジャンル:?シミュレーションゲーム
□推奨OS:?iOS 7.0以上/Android 4.0以上
□価格:?基本プレイ無料(アイテム課金制)
□ダウンロード:
[iOS版] ?https://itunes.apple.com/jp/app/id1072259834?mt=8
[Android版] ?https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gloops.protac
□公式サイト:?http://gloops.com/game/protac

コピーライト表記 ?c gloops, Inc.
一般社団法人日本野球機構承認

※本リリース内の画像は、一般社団法人日本野球機構より許可を得て掲載しております。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。
※本リリースの文章、提供した画像データ等を、本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。

■株式会社gloops (グループス) について?   http://gloops.com/
gloopsは、「みんなの手に、新しい遊びを。」をスローガンに、モバイルゲーム上で革新的な価値を提供しつづけ、遊びを通じて人々と繋がる面白さを体験できるゲームの開発・運営を行っております。現在までに約40タイトルを配信し、累計約4,000万人のお客様に楽しんでいただいております。

設立: 2005年8月2日
代表取締役社長 兼 CTO: 池田 秀行
事業内容: ソーシャルアプリケーション事業

<発行元のプレスリリースをそのまま転載しています>
転載元:PRTIMES