「iPad mini」と「Nexus7」外観の比較

 ハード/アクセサリ 
  更新日時 

ipadmini1.jpg
ようやくiPad miniを手に入れたので、
Nexus7と外観を比較してみた。

2686a18f.jpg

まずはiPad miniを開封。
箱にはiPad miniの薄さを強調した写真がプリントされている。

スポンサーリンク
f2713d83.jpg

初期設定を終えた直後のホーム画面。
7.9インチで768×1024ドット。
Retinaディスプレイではないので、画質がiPhone5やiPad Retinaディスプレイモデルに比べるとかなり劣るとの話だったが、筆者にはそれほど悪くないように見える。
しかしそれは恐らく、筆者がiPhone5やiPad Retinaディスプレイモデルを持っていないからだろう。

7インチで1280×800のNexus7と比べると、画面が大きくて解像度が低い分、よく見るとわずかに荒い、という感じだ。
明るさもiPad miniの方が若干暗く見える。
気にするか気にしないかは人による、といったところか。
筆者は許容範囲だ。

a0cbe594.jpg

iPad mini(右)と、Nexus7(左)を裏側にして並べてみた。
iPad miniの方が一回り大きい。
わずかな差だが、このクラスのタブレットでは「大きいな」と感じるくらいの違いがある。

背面の材質も全く異なる。
iPad miniは金属質のサラサラとした冷たい手触りだ。
それに対してNexus7はラバー加工がしてあって、手に張り付く感じがする。

単純に持ちやすさからいうと、小さいこともあってNexus7が優れているが、
iPad miniも別段持ちにくくは無い。

d2304f01.jpg

厚さは随分差がある。
iPad miniの方が薄い。
その為、重さもNexus7の340gに対して、iPad miniは308g(WiFiモデル)と1割ほど軽い。

その他気になった点としては、
iPad miniには外向けのカメラ(500万画素)が付いている。
Nexus7はインカメラのみで外向けのカメラは無い。
SNSへの写真投稿をしたり、資料をその場で写真に撮りたい場合などは、
やはり外向けのカメラが有ると便利だ。

iPad miniとNexus7とは似ているようでコンセプトは全く別物なんだなぁ、というのが
最初の感想。
しばらく触ってみて、使い勝手をみながら普段携帯するのはどちらにするかを考えたい。