「黒川塾76」が2020年5月30日にOPENRECで開催決定、黒川文雄氏がゲスト登壇!

 ビジネスニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

黒川文雄氏が主催する「黒川塾76」が、2020年5月30日に開催されることが決定した。

「黒川塾76」が2020年5月30日にOPENRECで開催決定、黒川文雄氏がゲスト登壇!

今回のテーマ

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的に猛威を振るう中、「2020 東京オリンピック」開催が延期、日本政府に拠る緊急事態宣言の発令により、企業はリモートワーク、飲食店は休業を余儀なくされている。そのようななかでセミナーやイベントも同様に開催中止か、オンラインでの配信開催となっている。

今回の黒川塾は本来であれば3月に開催を予定しておりましたテーマを配信にて開催。テーマは、24年前、1996年3月28日に株式会社バンダイ(当時)/株式会社バンダイ・デジタル・エンタテイメント(1998年解散)から発売されたゲームハード「ピピンアットマーク」を振りかえり、ピピンの開発の背景、アップルコンピュータ(当時/現アップル)とのし烈な交渉、惨敗と言われたゲームハードは何を目指していたのか、バンダイの目指したものとは何かに関して、当時ピピンアットマークのプロデュースに関わったF2(エフツウ)の黒川文雄社長にお話を伺う。

黒川文雄社長は、当時アップルコンピュータのMacOSの日本側代理人。黒川文雄社長の経歴は、1972年の「ぴあ」創刊に関わり、チケットぴあ、ぴあフィルムフェスティバルなどを立ち上げ、その後はバンダイの映像事業のコンサル、ビクターS-VHSビデオ、東芝DVD導入などに関わった。その他に、TSUTAYA映像事業に関わりカルチュアパブリッシャーズ社長(DVDタイトル&SIMPLE1500)、エスクァイア(Esquire)マガジン社長、任天堂アドバンスムービー立ち上げ(フラッシュメモリコンサル)、電子書籍コンサルタントなど多岐にわたる活躍をされている。なお、黒川文雄社長と黒川文雄は同姓同名の別人。

今回は、ふたりの黒川文雄にて、「My first Mac」と称された「ピピンアットマーク」に関してすべてを語ります。「ピピンアットマーク」はどのようにして生まれ、当時のマルチメディア・ゲーム市場にどのような影響をもたらしたのか、アップルコンピュータや日本の家電メーカーをも巻き込み、ゲームチェンジャーの可能性を秘めていた「ピピンアットマーク」の失敗の本質とは何かを語る。

今回の黒川塾はリアルでの開催ではなく、OPENREC.tvにて配信。黒川塾は、誰でも参加可能だ。

配信日程

2020年5月30日(土曜日)

19時30分 配信開始

21時00分 終了(開演)90分~程度

黒川塾チャンネル@OPENREC.tv

https://www.openrec.tv/user/98aGLjgelOb