【DQMSL】究極転生への道 中級者向け 左ルートノーコン攻略 立ち回り

 DQMSL 
  公開日時 

究極転生への道

この記事では『究極転生への道』の左ルートを中級者がノーコン攻略する立ち回りについて説明します。

スポンサーリンク
究極転生への道左ルート

5戦後にそのまま直進せずに左側のルートへ進むと、

エンペラン×1
スライムエンペラー×2

が出現します。
エンペランの討伐数を稼ぐことができ、またこのエンペランもドロップの可能性がありますので、ここまでノーコンでクリアできれば転生により戦力を拡充させることが可能になります。

究極転生への道 左ルート ノーコン攻略動画

究極転生への道 左ルート 中級者の攻略パーティー例

究極転生への道パーティー

ノーコン攻略パーティーの例です。
ちなみにユーザーレベルは144。

リーダーのデスアラウネはHPを+18%できる優れたリーダースキルを持っています。

攻撃役は3体。デイン系が弱点の敵が多いため、ライデインやホーリーラッシュなどのとくぎを持つ攻撃タイプを入れたいところです。
ギラ系に弱い敵も出てくるため、らいじん斬りなども有効です。
左コースでは最終戦に防御力の高い敵が出てきますので、「メッタ斬り」「メッタメタ斬り」「かみくだき」など、敵の防御力を下げることができるとくぎを必ず入れましょう。

2体目の回復役としてメタルカイザーを入れています。
防御力が高く、呪文や息のほとんどを防げるため、回復兼壁役として役に立ちます。もし類似のモンスターがいなければ、HPの高い回復役等を置いても良いでしょう。

サポート枠でラーミアを入れています。
ラーミアはMP自動回の特性を持っているため最初から最後まで回復役として重宝します。
もちろん自分の手持ちの中にMP自動回復のモンスターがいれば回復役としてメンバーに加えましょう。
ベホマラー、べホイミを覚えさせておくと安定します。
途中で「せかいじゅのは」が手に入ることが多いので、ザオリク・ザオラルは無くても問題ありません。(余裕があればもちろんあっても良いでしょう。)

ピオリム

メンバーはなるべく「ドルマ耐性」を持つモンスターにします。
ピオリム・バイシオンは重宝しますのでなるべく持って行きましょう。スクルトも必須ではありませんが役に立ちます。

中級者の基本的な立ち回り

左ルートの山場は2つあります。

究極転生への道

キラーマシーンが出てくる4戦目と、

究極転生への道

スライムエンペラーが2体出てくる最終戦です。

この2戦で全力を出せるように、その他のバトルはMPを節約して戦います。

早い段階で「バイシオン」「ピオリム」を使って戦力を上げ、集中攻撃で敵の数を減らした後は、MP自動回復を持つ回復役のべホイミを軸に回復しながら通常攻撃で敵を倒していきましょう。

具体的な立ち回り例

それでは具体的な立ち回り例を見ていきましょう。
パーティーの編成や出てきた敵の種類によって若干変わりますので、あくまで参考としてご覧ください。

1戦目

究極転生への道

てっきゅうまじん、クローハンズが出てきました。

どちらから倒しても問題ありません。
クローハンズの方が若干HPが少ないため倒しやすいのですが、てっきゅうまじんは混乱を仕掛けてくるため、筆者はてっきゅうまじんから倒しました。

どちらもデイン系が弱点ですが、ここでMPを使うと後半戦が厳しくなりますので、回復はMP自動回復持ちのベホイミに絞り、通常攻撃で倒していきます。
HPが大きく減った場合は他の回復役のベホイミを使いましょう。

最初にピオリムをしておくと楽になります。バイシオンは使わなくても良ければその方が良いかもしれません。

2戦目

究極転生への道

ごくらくちょう、ブラックドラゴン、グレートライドンが出ました。

ベホマラーを使うごくらくちょうをまず倒します。
ごくらくちょうはギラ系が弱点なので、らいじん斬りを使っても良いでしょう。ただし使いすぎないように注意。ごくらくちょうのHPは少ないのですぐ倒せるはずです。

2番目はグレートライドンを倒しましょう。
ブラックドラゴンに比べるとHPは少ないです。
デイン系、メラ系が弱点ですが、ここでは通常攻撃のみで倒せればその方が良いでしょう。

最後にブラックドラゴンを倒します。
やはりデイン系が弱点ですが、ここもなるべく通常攻撃で倒しましょう。マホカンタを使ってきますがあまり気にしなくて良いでしょう。

ピオリム、バイシオンを必要に応じて使います。

3戦目

究極転生への道

ワイトイング、ヘルバトラーが出てきました。

ここは運が悪いと4体出てきます。
HPの少ないワイトキングから倒すのがお勧めです。

全体攻撃をしてきますので、なるべく早く数を減らしたいところ。
バイシオンや、場合によってはデイン系の攻撃で素早く数を減らしましょう。

残りMPには気を付けてください。

4戦目

究極転生への道

最初の難関です。
Sキラーマシン3体。
運が良いとSキラーマシンが1体のときもあります。

3体出てきたときは被ダメージがかなり大きくなります。

直接攻撃をしてくるためピオリムを2重にかけましょう。
ピオリムをかけると行動順位が上がるとともに、物理攻撃の回避率が上がります。
スクルトも有効ですから、持っているようであればスクルトもかけておきましょう。

バイシオンで攻撃力を上げ、かみくだき、メッタ斬りなどで相手の防御力を下げ、集中攻撃で1体ずつ倒します。
ここではまず死なないことが大事。温存したMPをある程度使って殲滅しましょう。
場合によっては「せかいじゅのしずく」を使ってもOKです。

バイシオン2回分、かみくだきやメッタ斬りなどの防御力を下げる特技を5~10回使えるMPは残しておきましょう。

5戦目

究極転生への道

エンペラン、まおうのたまご、ジェネラン、が出てきます。

意外と攻撃力が強いのですが、ここまで来たパーティーであれば問題無いでしょう。

MP自動回復の味方のMPを回復させつつ、ベホイミ+通常攻撃のみで倒せるはずです。

左ルート最終戦

究極転生への道

最終戦に入る前に、必要に応じて「まほうのせいすい」でMPを回復しておきましょう。HPも整えておきます。
薬草やいやしそうなどは戦闘に持って行っても役に立ちませんので、できればここで使っておきます。

まずエンペランを通常攻撃で倒します。バイシオンはまだ不要。

究極転生への道

ここですぐにスライムエンペラーを攻撃せずに、回復役以外は「ぼうぎょ」します。

スライムエンペラーは戦闘開始直後は防御力が2段階上がっており、かなりの攻撃力でもダメージを与えることができません。
防御とベホイミでしのぎながら、スライムエンペラーの防御力が通常に戻るのを待ちます。ピオリムはこの間にかけてしまっても良いでしょう。

究極転生への道

どちらか片方のスライムエンペラーの防御力が通常に戻ったら、バイシオンで攻撃力をあげ、かみくだき、メッタ斬りなどで攻撃しながら防御力を下げます。
防御力が下がったら集中攻撃して倒しましょう。
もう片方も同じく防御力を下げて集中攻撃で倒します。

少し時間がかかりますがこれで倒せると思います。

最初から最後までを動画に撮っていますのでお時間のある方はご覧ください。