【東京ゲームショウ2017レポート】翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

 取材 
  公開日時 

著者:篭谷千穂

スマートフォン向け3D対戦型サッカーゲー「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツ「VRで必殺技を体感 ~ 全日本のゴールを守れ!キミがSGGK! ~」が、東京ゲームショウ2017のKLabブースにて展示されています。

スポンサーリンク

本作は、人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作風と世界観を忠実に再現した対戦型サッカーシミュレーションゲーム。ゲームの中には原作漫画の名シーンやど派手な必殺技が登場し、ゲームを通じて物語を追体験することができます。

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

今回の東京ゲームショウに展示されているVRコンテンツは、VRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を装着してVR空間内に再現されたスタジアムに降り立ち、専用コントローラーを両手に見立て、ゴールキーパーとなって作品のキャラクターが放つ必殺シュートを止めるというもの。
1人あたり3回挑戦でき、結果に応じてオリジナルグッズがもらえます。

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

興味深いのは、原作漫画の作風を忠実に再現しているゲームと同様、このVRコンテンツもまた原作漫画に準じた作風になっていることです。VRなので360度見渡すことができ、リアルなスタジアムにしようと思えばできただろうに、敢えて原作漫画をカラーにしたようなゲームと同じグラフィックに仕上げ、客席にはわざわざ「ワー!ワー!」と声援の”擬音”まで描き込んで”漫画感”を演出しています。
なのでまるで自分が「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のゲームの中に入り込んでしまったかのよう。ちなみにこのVRコンテンツもKLab社の内製とのことです。

翼のシュートを止められるか?!KLabブースにて「キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~」のVRコンテンツを体験

最初のシュートはチュートリアルも兼ねているためか簡単に止めることができますが、2発目のシュートから急にスピードが速くなって難易度があがります。私は最後の1本だけ止めることができず、頂いたのは「スマホクリーナー」。もし3本全て止めることができたらTシャツがもらえます。

なお、9月24日(日)には、同じくKLabブース内にて「キャプテン翼」の原作者である高橋陽一先生が登壇するスペシャルステージも行われます。作品ファンの方はこちらも忘れずにチェックしましょう。

KLabの東京ゲームショウ2017特設ページはこちら
https://tgs2017.klabgames.com/

著者:篭谷千穂
Techブログメディア「vsmedia」を個人運営していたり、英字新聞「The Japan Times」にガジェットとアプリのコラムを書いているライター。
他にも特殊メイクや特殊造型、アクセサリー製作、仮面作家としても活動しています。
この著者の記事一覧