東京ゲームショウ2017への総来場者数は25万4,311人 昨年から1万6913人の減少 eスポーツの認知が広がりの気配

 取材 
  公開日時 

著者:管理人

東京ゲームショウ2017は2017年9月21日(木)~9月24日(日)に千葉県の幕張メッセで開催され、4日間の総来場者数は25万4,311人となりました。

スポンサーリンク
201720162015
9 月 21 日(木) ビジネスデイ26,564   人9 月 15 日(木)9 月 17 日(木)
31,399 人29,058 人
9 月 22 日(金) ビジネスデイ31,512   人9 月 16 日(金)9 月 18 日(金)
33,634 人29,557 人
9 月 23 日(土) 一般公開日106,075   人

(内ファミリー 10,466 人)

9 月 17 日(土)9 月 19 日(土)
98,074 人

(内ファミリー 11,294 人)

97,601 人

(内ファミリー 10,360 人)

9 月 24 日(日) 一般公開日90,160   人

(内ファミリー 13,017 人)

9 月 18 日(日)9 月 20 日(日)
108,117 人

(内ファミリー 14,485 人)

112,230 人

(内ファミリー 14,517 人)

合計254,311   人

(内ファミリー 23,483 人)

271,224 人

(内ファミリー 25,779 人)

268,446 人

(内ファミリー 24,877 人)

終了の翌日が祝日であった昨年、一昨年とは違い、今年は終了日の次の月曜日が平日ということもあり、最終日の9月24日(日)の来場者数が減少。
また「VR元年」のブームを受けて関係者の来場が大きく伸びた昨年のビジネスデイと比べ本年のビジネスデイの来場者数は木曜日、金曜日の2日共に減少し、会期全体の総来場者数は合計で約6.2%の減少となりました。

しかしながらVR関連のブースは今年も数多く出展され、その多くが体験プレイの為の長蛇の列を作るなど、ゲームファンのVRへの期待値はまだまだ高いことが伺えました。

今年はeスポーツエリアが刷新され、競技大会ブースが2つ設置されたのが大きな特徴の1つでした。最終日のストリートファイター5、「昇竜拳トーナメント」など、eスポーツのブースは大きな盛り上がりを見せ、またその他の企業ブースでもゲーミングPCやその周辺機器などeスポーツ関連の展示が目立ちました。
eスポーツが1つのジャンルとして徐々に認知され始めている、そんな感じを受けた東京ゲームショウ2017となりました。

来年の東京ゲームショウは201 8年9月20 日(木)から 9月23 日(日)の日程で開催される予定。翌日の24日(月)が祝日という、昨年と同じ条件の中、どれだけ来場者数を戻せるかに注目したいところです。