2019年国内スマホゲーム売上トップは「FGO」、最も遊ばれたのは「ポケモンGO」(ファミ通モバイルゲーム白書2020より)

 ビジネスニュース 
  公開日時 

著者:ニュー侍

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は1月29日、国内・海外のモバイルゲームマーケットをまとめたデータ年鑑「ファミ通モバイルゲーム白書2020」において、最新の市場動向を発表した。

2019年世界モバイルゲーム市場は過去最高の約7.2兆円。ついに7兆円を突破!

「ファミ通モバイルゲーム白書2020」では、2019年の世界モバイルゲーム市場は、前年比103.3%の7兆1840億円と推計した。世界全体の6 割を占めるアジア(4兆1016億円)は、中国政府のゲーム規制強化などにより中国市場が落ち込んだことから前年より微減したが、北米(1兆7064億円)とヨーロッパ(8757億円)は前年比増となり、市場全体として引き続き堅調なプラス成長が続いている。

2019年国内スマホゲーム売上トップは「FGO」、最も遊ばれたのは「ポケモンGO」(ファミ通モバイルゲーム白書2020より)

→画像を拡大して表示

2019年国内モバイルゲーム課金売上ランキングでは、「Fate/Grand Order」が初の首位に。

本書では、2019年の国内モバイルゲーム売上ランキングを収録。第1位は、年間711億円を売り上げた「Fate/Grand Order」。2017年、2018年連続トップの「モンスターストライク」を僅差で追い抜き、初の首位となった。2019年9 月に配信された「ドラゴンクエストウォーク」は、年間239億円を売り上げ、サービス開始から実質3ヶ月あまりで9 位にランクインしている。

2019年国内スマホゲーム売上トップは「FGO」、最も遊ばれたのは「ポケモンGO」(ファミ通モバイルゲーム白書2020より)

→画像を拡大して表示

2019年に日本国内で最も遊ばれたモバイルゲームは、「ポケモンGO」。

「ファミ通モバイルゲーム白書2020」では、自社が運営するエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」のデータを用いて、モバイルゲームユーザーの実態を調査している。本調査では、国内の各タイトルが週あたりにプレイされた時間を集計し、拡大推計した「1週あたりの総プレイ時間」としてランキング化。

2019年、国内で最も遊ばれたモバイルゲームは、「ポケモンGO」。2016年の配信以来、非常に多くのユーザーに継続的に遊ばれていることが分かる。2019年の新作としては、3位に9月配信の「ドラゴンクエストウォーク」、10位に同じく9月配信の「マリオカート ツアー」がランクインしている。

2019年国内スマホゲーム売上トップは「FGO」、最も遊ばれたのは「ポケモンGO」(ファミ通モバイルゲーム白書2020より)

→画像を拡大して表示

いよいよロンチを迎えた次世代モバイル通信「5G」。高速・大容量、低遅延、多数端末との接続といった「5G」の特徴を生かしたモバイルゲームが登場することで、今後、さらなる市場の活性化が期待される。

「ファミ通モバイルゲーム白書2020」は、国内から海外の市場動向まで、最新のモバイルゲームマーケットを多角的に調査・分析した結果をまとめたデータ年鑑。アジア、北米、ヨーロッパなど主要国の2019年モバイルゲーム市場を速報として掲載しているほか、国内におけるアプリのプレイ時間や売上ランキングといった基礎データ、モバイルゲームユーザーの男女比や年齢分布、プレイ頻度・時間、課金経験率、消費行動など、ユーザー分析についても詳しく収録している。

さらに、特集では、2019年のゲーム業界における国内・海外のニュースをまとめた“ゲーム業界ニュース・トピックス”や、有識者による特別寄稿も収録。今後のモバイルゲームビジネスを読み解くために、欠かせない一冊となっている。

「ファミ通モバイルゲーム白書2020」紹介ページ

著者:ニュー侍
スマホゲームを開発していたり、スマホメディアにて数多くのアプリを紹介している個人開発者兼フリーライター。
個人開発のアプリから大手メーカーまでをカバーし、新しいアプリをダウンロードしてはプレイし続ける日々を送っている。