China Joy、中国ゲーム市場における5Gの将来について発表「デジタルエンタテインメントの変化、5Gによって変わるゲーム」

 ビジネスニュース 
  公開日時 

著者:管理人

毎年7月〜8月に開催される中国最大級のゲームの展示会であるChina Joy。今年は8月2日から開催されますが、そのChina Joyから、5Gとクラウドゲーミングついての発表がありましたので、翻訳及び要約して掲載します。

スポンサーリンク

2019年以降、「5G」のコンセプトは広く注目されてきました。第五世代の移動通信ネットワークとして、それは現在の4Gネットワークの伝送速度よりも数百倍速い、毎秒数十ギガバイトまでの理論上の最高通信速度を可能にします。

ユーザーはゲームや動画をスマートフォンで体験しシェアすることができますが、5G時代になると、デジタルエンターテイメントは一般消費者に革命的な効果をもたらすでしょう。

5Gにによってゲーム機は不要に

5Gは、「広帯域」「低遅延」という特性を持っています。その結果、ゲームにおける避けられない傾向として、全てのゲーム関連の操作とレンダリングをクラウドで実施できるようになるということが言えます。

近い将来、スマートフォン、タブレット、PC、およびコンソールはすべて5G環境下で、表示と通信用の機器として単純化されるでしょう。そうすると、ユーザーはスマートフォンでPC版のWorld of Warcraftをプレイできるようになります。コンソールバージョンのCall of Dutyもプレイできるようになります。

将来のゲームは端末なしで動作するようになり、つまり端末はゲームにとって不要なものとなり、結果クラウドゲームが主流となるでしょう。コンテンツ配信の面では、将来的にはクラウドゲームプラットフォームに「独占コンテンツ+サードパーティコンテンツ」の開発モードが使用される可能性があります。

ゲーム開発者はコンテンツプロバイダーとして、この新しい仕組みの形成期間中に、クラウドゲーム業界の最大の受益者になることが期待されています。

5Gの商用化が実現すると、クラウドゲームにおいて追伸帯域のボトルネックはもはや存在しなくなります。大規模なゲームコンテンツと低コストという、クラウドゲームの本質的な強みにより、クラウドゲームサービスを提供しゲームの開発能力を有する中国国内企業は、長期的に競争優位性を持つ可能性があります。

5GはVR/ARゲームに大きな影響を与える

伝統的なゲーム業界に加えて、VR / AR業界も5Gの恩恵を受けています。 VRは次世代コンピューティングプラットフォームと考えられており、その技術はシミュレーション、知覚、自然技能、センシングデバイスなどを含んでいます。

モバイルゲームや据え置きのゲームと比較して、VRエクスペリエンスは完全に環境をシミュレートし、「没入感」を生み出すという点で明らかなメリットを持っています。仮想世界では、VRは伝統的なゲームの「スクリーン」の概念を破りゲームの世界を無限に拡大しします。その結果プレイヤーは自分がゲーム内にいると感じるのです。

China Joy、中国ゲーム市場における5Gの将来について発表「デジタルエンタテインメントの変化、5Gによって変わるゲーム」

従来のゲームと比較して、VR / ARのコンテンツ体験には、ビデオグラフィックスの伝送と遅延、音声認識、視野追跡、ジェスチャ検出などに対する要件が非常に高く、5Gのパフォーマンスは、VR / ARの普及を促進するでしょう。

例えば、5Gネットワ​​ークの最大伝送速度は最大10Gb / sです。これは、8Kを超えるUHDビデオの伝送およびリアルタイム再生に役立ちます。5Gに支えられたクラウドネットワークは非常に高速であり、それはVR / ARを使用するときに処理の遅延によって発生する「めまい」を減らすのに役立ちます。

さらに、5Gネットワ​​ークの位置特定機能は、ゲームをプレイしている位置特定の精度を向上させるだけでなく、ゲームの機能を屋内および混雑した都市環境にも拡張します。

4Gネットワ​​ークの位置精度は10メートルから500メートルの間で変動しますが、5Gネットワ​​ークはほとんどのデバイスで1メートルの精度で位置特定機能を提供します。 ARモバイルゲームの経験はよりシームレスで便利になるでしょう。

ゲーム性能に関しても、高解像度で高リフレッシュレートが提供されます。

5G時代におけるゲーム市場の変化

5G時代のゲームの変化は、将来のデジタルエンターテイメントのトレンドです。 「Internet of Everything」は5Gで実現され、スマートデバイスは大規模に相互接続されます。

チャイナモバイルが以前に開示した5G展開のスケジュールによると、ネットワーク全体で1万局が2020年までに達成され、商業ベースでの展開が実現します。

5Gライセンスは2019年末から2020年初頭に発行される予定です。4G普及の成長率からそうていすると、5G普及率は2022年までに約60%に達すると予想されています。インテルによると、500億のスマートデバイスと77億人のユーザーが2020年までに5Gに接続されるでしょう。

China Joy、中国ゲーム市場における5Gの将来について発表「デジタルエンタテインメントの変化、5Gによって変わるゲーム」

5Gのサポートにより、多数のユーザーとモノを相互接続することができ、それが多くの潜在的な産業に機会をもたらします。うまくいけば、VR / AR業界は5Gから恩恵を受ける最初の業界になるでしょう。

その結果、8月2日から5日まで上海新国際博覧センターで開催されるGlobal Smart Entertainment Hardware Expo(eSmart)には、多くのスマートハードウェアが展示され、5G時代のデジタルエンターテイメントの変化が示されます。

その中でも、ARヘッドマウントディスプレイは、新時代のデジタルエンターテイメントシステムにおける重要なスマートハードウェアとしても要注目です。

2018年グローバルゲーム市場レポートのデータによると、グローバルゲーム市場の成長率は10.3%です。現在、世界のアクティブなゲームプレイヤーの数は23億人を超えています。

今後10年間で、世界中のゲームプレーヤーの数は40億から50億に増加するでしょう。ゲームユーザの数が増えるにつれて、ゲーム業界は、絶えず多数のユーザのニーズを満たし、より多くの機会を得るために多様な方法で発展していくことが求められます。

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。