中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

 中国 
  公開日時 

著者:ニュー侍

中国ゲーム情報専門メディア「中国ゲーム大陸」より、2019年12月21日〜2019年12月27日の中国ゲーム情報を抜粋してお届けします。

※この記事は「中国ゲーム大陸」運営者様より許可を得て作成しています。

スポンサーリンク

【保存版】2019年中国ゲーム市場規模は約3.7兆円!スマホゲーム市場規模は約2.4兆円で13%増!

中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

2019年の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポート「2019年中国移動遊戯年度報告」で売上げ規模やランキングが発表。ランキングでは1位にテンセントの「王者栄耀」、2位にNetEaseの「夢幻西遊」、3位にテンセントの「和平精英」が入っており、「王者栄耀」の人気の高さがわかる結果となっています。

【保存版】2019年中国ゲーム市場規模は約3.7兆円!スマホゲーム市場規模は約2.4兆円で13%増!

【資本政策】TikTokのByteDanceがゲーム系AI企業を買収!ゲーム領域への参入加速!

中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

日本でも人気の「TikTok」運営元である「ByteDance」がAI、機械学習企業の「北京深極智能科技有限公司」を子会社化しました。同社のゲーム事業への投資は今後、どのようなゲームを展開するのか注目が集まります。

【資本政策】TikTokのByteDanceがゲーム系AI企業を買収!ゲーム領域への参入加速!

【インタビュー】アリババのゲーム事業が躍進!『三国志:戦略版』大ヒットの要因は重課金にあらず。

中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

ゲームで「三国志」と言えば日本のゲームメーカー「コーエーテクモゲームス」のIP。そのIPを使った「三国志:戦略版」が大ヒットしています。プロデューサーとマーケティングディレクターがヒットにつながったことについて語っています。

【インタビュー】アリババのゲーム事業が躍進!『三国志:戦略版』大ヒットの要因は重課金にあらず。

【特別企画】アッシュテイルは予想外のヒット!アッシュテイルから見えた日中市場の違いとは?

中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

中国スマホゲームと言えば「荒野行動」や「PUBG Mobile」が人気ですが、予想外のヒットとなった「アッシュテイル」。その開発者のインタビュー記事です。中国市場だけでなく日本市場についても語っています。

【特別企画】アッシュテイルは予想外のヒット!アッシュテイルから見えた日中市場の違いとは?

【特別企画】日本は特殊!『万国覚醒』は脅威ではない!IGGが考える日本市場で大切なこととは?

中国ゲーム情報2019年12月21日〜12月27日【中国ゲーム大陸より】

「中国ゲーム大陸」編集部が日本でも人気の「IGG」にインタビューをしています。「IGG Japan」のビジネスディベロップメントマネージャー 森岡氏が中国ゲームをどのように日本に展開しているのかを語っています。

【特別企画】日本は特殊!『万国覚醒』は脅威ではない!IGGが考える日本市場で大切なこととは?

著者:ニュー侍
スマホゲームを開発していたり、スマホメディアにて数多くのアプリを紹介している個人開発者兼フリーライター。
個人開発のアプリから大手メーカーまでをカバーし、新しいアプリをダウンロードしてはプレイし続ける日々を送っている。