吉本興業がeスポーツ事業「よしもとゲーミング」を始動!

 ニュース 
  公開日時 

吉本興業株式会社は、3月7日、「吉本興業eスポーツ事業 概要発表記者会見」を実施し、eスポーツ事業に本格参入することを発表した。同社は日本のエンタテインメント界における新たな産業創出に寄与していくとしている。

スポンサーリンク
吉本興業がeスポーツ事業「よしもとゲーミング」を始動!

吉本興業eスポーツ事業概要

プロチーム「よしもとゲーミング」運営

1.世界一を目指すチームの運営
チーム1.「よしもとデトネーター」
eスポーツ市場で成長著しいフィリピンを活動拠点に、eスポーツで数々のチームを運営している「DeToNator」と協業して外国人選手でチームを編成。国外でプロゲーマーを発掘・育成し、 高額賞金の『Dota2』部門で世界一を目指す。

2. 日本人選手を中心としたチーム編成やよしもとプロゲーマーで国内eスポーツの認知拡大
チーム2.「よしもとエンカウント」
チーム「アキハバラ エンカウント」とタッグを組んで、 日本人選手を中心としたチームを編成。『Overwatch』部門で台湾リーグに参戦。

チーム3.「よしもとリバレント」
日本人選手でチームを編成。 国内を主戦場に『Shadowverse』部門に参戦。『Shadowverse』以外のゲームタイトルにも参戦予定。

チーム4.「よしもとエクストラクター」
『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』部門を専門とするチームで国内を中心に活動。 株式会社Extractorとゲーミングチームを立ち上げるほか、配信事業も共に行っていく。

プロゲーマーの発掘・育成

吉本興業初となるプロゲーマー3名。 今後、 プロゲーマーの発掘と育成に注力。

吉本興業がeスポーツ事業「よしもとゲーミング」を始動!

・ジョビン
『ストリートファイター』シリーズを得意とする。 NSC大阪校27期生として、 センターマイクでコンビ結成して芸人活動する傍ら、 格闘家でもあり、 DEEPフェザー級第四代チャンピオンとなる。 コンビ解散後、 ピン芸人と活動していたが、 今後、 プロゲーマーに専念して活動する。

・西澤祐太朗
『スプラトゥーン』シリーズを得意とする。 NSC東京校16期生。 現在、 裏切りマンキーコングとしてコンビを活動。 ゲーム実況YouTubeチャンネル「Ch裏切りマンキーコング」は、 チャンネル登録者数:約8万 人、 総再生回数:4500万回以上を誇る。 株式会社Libalentのチーム「Libalent Calamari」で活動。

・小池龍馬
『コール オブ デューティ(CoD)』シリーズを得意として、 世界ランカー。 NSC東京校18期生。 マケレレとしてコンビを活動、 ゲーム実況YouTubeチャンネル「マケレレ小池のゲーム実況」も人気を誇る。 今後、 プロゲーマーに専念して活動する。

ゲーム実況配信

「twitch」「OPENREC.tv」「Extractor.live」「YouTube Gaming」等配信プラットフォームでのゲーム実況配信、「ニコニコ動画」「AbemaTV」等インターネット配信番組でのゲーム番組出演など、配信メディアを中心としたタレント活動を行う。 また、ゲーム実況に特化したタレントの育成にも注力していき、様々なプラットフォームでの活躍を目指す。

イベント・大会の実施

よしもとが運営している劇場や大型ショッピングモール・映画館などでeスポーツイベントを開催。eスポーツ初心者へ向けた体験イベント、小規模大会、eスポーツファンに向けた観戦イベントなど、様々なコンテンツ展開を予定。
日本国内におけるeスポーツの認知向上や、競技人口の拡大に寄与する取り組みを行っていく。