賞金総額400,000ドル!eスポーツトーナメント「Predator League 2019」が開催決定!日本予選は11月5日よりエントリー受付開始

 ニュース 
  公開日時 

日本エイサーは10月31日、eスポーツトーナメント「Predator League 2019 Asia Pacific」を開催することを発表した。賞金総額400,000ドル!eスポーツトーナメント「Predator League 2019」が開催決定!日本予選は11月5日よりエントリー受付開始

Predator League 2019は、アジア最高峰を目指す14の国と地域が参加するeスポーツトーナメント。アジア各国での予選を勝ち抜いた代表チームが、2019年2月にタイ・バンコクで開催されるグランドファイナル(決勝戦)へ進み、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (PUBG)とDOTA 2の2つのゲームタイトルで決勝トーナメントを戦い、アジア最強の称号を懸けて激突しする。

グランドファイナル(決勝戦)への参加権を掴むための日本予選「Predator League 2019 Japan Round」のエントリー受付は、2018年11月5日(月)より開始する。
※Predator League 2019 Japan Round採用タイトルはPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS (PUBG)のみ

Predator League 2019 概要

■イベント名
Predator League 2019

■スケジュール
2019年2月15日(金)~17日(日)

■開催国
タイ・バンコク

■参加国
マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、オセアニア、インド、日本、韓国、中国、台湾、香港、ミャンマー、インドネシア

■賞金総額
USD400,000

■ゲームタイトル
PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)、DOTA2

公式サイト

https://www.predator-league.com/