ネクソン、「SINoALICE」のグローバル配信権を獲得

 ニュース 
  公開日時 
 著者:篭谷千穂 

ネクソンは、連結子会社であるNEXON Korea Corporation(以下ネクソンコリア)が、株式会社ポケラボと株式会社スクウェア・エニックスが共同開発したスマートフォン向けゲームアプリ「SINoALICE(シノアリス)」のグローバルパブリッシング契約(日本、中国、香港、台湾、マカオを除く)を締結したと発表した。同作は2019年にグローバルサービス開始予定とのこと。

ネクソン、「SINoALICE」のグローバル配信権を獲得

「SINoALICE」とは、2017年6月の日本国内リリース直後、瞬く間に日本Appストアで売上1位を記録し、累計ユーザー数400万人を突破した人気モバイル向けアプリゲーム。「NieR」シリーズ、「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズを手掛けたヨコオタロウ氏が原作・クリエイティブディレクターを務め、東西の様々な童話の中に登場するキャラクターたちを、独自の世界観と感性により再解釈したダークファンタジーRPGとなっている。「アリス」「シンデレラ」「白雪姫」など童話の主人公たちが、摩訶不思議な世界で自らの話をつくった作家たちを復活させるため、時に他のキャラクターと同盟関係を結び、時に争いながら戦いを進めていく。
今回の契約締結に際し、ネクソンコリアの代表取締役社長であるイ・ジョンホン氏は以下のようにコメントしている。

「日本で大きな反響を得た魅力的な本作は、グローバルでの期待も大変大きいと感じています。ネクソンがこれまで培ってきたライブ運用のノウハウを土台に、開発社の協力のもと、ご満足いただける内容をお届けします」

また、ポケラボの代表取締役社長である前田悠太氏も以下のコメントを発表している。

「この度、シノアリスを全世界のユーザーの方々にお届けできることを大変嬉しく思います。多様なタイトルの配信ノウハウを持つネクソンとの緊密なパートナーシップを通じて、世界中の皆さまに愛されるゲームへと成長させていけるよう、最善を尽くします」

SINoALICE公式サイト