「週刊ファミ通」発表、7100人以上が選んだ”平成のゲーム 最高の1本”、第1位は「クロノ・トリガー」に決定

 ニュース 
  公開日時 

Gzブレインは、4月25日発売のゲーム総合誌「週刊ファミ通」の特集で、平成時代に発売されたゲームタイトから最も心に残った1本を選出する“平成のゲーム 最高の1本”の投票結果を発表した。

「週刊ファミ通」発表、7100人以上が選んだ”平成のゲーム 最高の1本”、第1位は「クロノ・トリガー」に決定

平成のゲーム 最高の1本 TOP3

第1位 : 「クロノ・トリガー」(230票)
スクウェア・エニックス(当時・スクウェア)/1995年(平成7 年)3月11日発売/スーパーファミコン

第2位 : 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(209票)
任天堂/2017年(平成29 年)3月3日発売/Nintendo Switch・Wii U

第3位 : 「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」(205票)
スクウェア・エニックス/2017年(平成29年)2月23日発売/プレイステーション4

1位に輝いたのは、1995年(平成7 年)に発売されたスーパーファミコンの名作RPG「クロノ・トリガー」。
ドラゴンクエストの堀井雄二氏、鳥山明氏、ファイナルファンタジーの坂口博信氏が手を組んだドリームプロジェクトに胸を躍らせたファンや、当時画期的だったマルチエンディングで「何周もやり込んだ」と思い出を語るファンからのコメントも多く寄せられた。

2位にランクインしたのは、2017年(平成29 年)に発売された「ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド」。
ゼルダの伝説シリーズ初で最大の特徴といえるオープンワールドの世界とその完成度の高さに、年齢・性別問わず多くのファンが大絶賛した。

僅差で3位となったのが、2017 年に発売された「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」。
10代以下と20代からの得票が多く、ヨコオタロウ氏が手掛ける独特な世界観やシナリオに心を掴まれたファンから熱い声が多数届いた。

「週刊ファミ通」2019年5月16日増刊号では、本ランキングの上位20タイトルが、投票時に寄せられた思い出のコメントとあわせて発表された。

商品概要

書名:週刊ファミ通2019年5月16日増刊号
発売日:2019 年4月25日(木)
価格:580 円(税込)
付録:ファミ通オリジナルダウンロードコンテンツ、特別小冊子(36 ページ)
<おもな記事>
★もうすぐ令和がスタート! その前に激動の平成ゲーム史を振り返る
【その1】 平成のゲーム業界の重大ニュースをさまざまな角度から振り返ります。
【その2】 平成に発売されたゲームの中から“平成最高の1 本”を選んでもらう読者アンケートの集計結果を、ランキング形式で発表します。
【その3】 本誌編集者も平成最高のゲームを選出。読者との違いは!?
【その4】 令和に飛躍が期待される若手クリエイターがゲームファン、ゲーム開発者として育った平成を振り返り、令和に向けた意気込みを語ります。
【冊子】 平成時代のファミ通に掲載されたVIP インタビューを厳選して付録冊子に。時代を担うVIP たちの金言は、いま読んでも響くものばかり。
★ついに発売される大作『Days Gone』ほか平成最後の発売・配信記念特集も大充実
リアルなサバイバル体験が楽しめる『Days Gone(デイズ・ゴーン)』がついに発売。そのほか、『スターリンク バトル・
フォー・アトラス』や『ハコボーイ!&ハコガール!』など、平成最後に出るゲームたちの発売・配信記念特集をお届け。