RAZER、ゲーミングノートPC新製品7機種を7月12日から発売開始

 ニュース 
  公開日時 

Razerは7月12日、ノートPC新製品7機種の国内販売を開始した。

RAZER、ゲーミングノートPC新製品7機種を7月12日から発売開始

ラインナップ

◇Razer Blade Stealth 13 Graphics 4K Model 日本語レイアウト (13.3インチ 60Hz 4K MX 150)
型番:RZ09-02812J52-R3J1 / 税抜希望小売価格: 229,800円

◇Razer Blade 15 Base Model 日本語レイアウト (15.6 インチ 144Hz FHD RTX 2060)
型番: RZ09-03006J92-R3J1 / 税抜希望小売価格: 249,800円

◇Razer Blade 15 Advanced Model 日本語レイアウト (15.6 インチ 240Hz FHD RTX 2070)
型番: RZ09-03017J02-R3J1 / 税抜希望小売価格: 309,800円

◇Razer Blade 15 Advanced Model 日本語レイアウト (15.6 インチ 240Hz FHD RTX 2080)
型番: RZ09-03018J02-R3J1 / 税抜希望小売価格: 357,800円

◇Razer Blade 15 Advanced Model 日本語レイアウト (15.6 インチ 60Hz 4K OLED RTX 2080)
型番: RZ09-03018J52-R3J1 / 税抜希望小売価格: 399,800円

◇Razer Blade Pro 17 日本語レイアウト(17.3インチ 144Hz FHD RTX 2060)
型番: RZ09-02876J92-R3J1 / 税抜希望小売価格: 295,800円

◇Razer Blade Pro 17 日本語レイアウト (17.3インチ 144Hz FHD RTX 2080)
型番: RZ09-02878J92-R3J1 / 税抜希望小売価格: 375,800円

 

また、これらの製品はRazerのシステム製品 国内正規流通代理店を通じて、以下の店舗で行われる予定とのこと。

販売店舗

・日本向け公式オンラインストアRazerStore.com
・ツクモ (東京秋葉原RazerStore x Tsukumo、名古屋 1号店、なんば店、福岡店、DEPOツクモ札幌駅前店)
・ドスパラ(取扱い店舗などの詳細はドスパラ公式Webサイトを参照)
・ビックカメラグループ
・アプライド

今回発売になるRazer Blade Stealth 13 Graphics 4K Modelは、CPU にインテル Core i7-8565U を採用し、NVIDIA GeForce MX 150をグラフィックス機能として搭載した狭額縁13.3インチの薄型ノートPC。
CNC加工によるアルミ一体型ボディを採用し、高い耐久性とコンパクトな携帯性を兼ね備えており、仕事などの普段使いはもちろんライトなゲームまでをこれ一台でこなすことができる。
2019年2月より国内で発売中のRazer Blade Stealth Graphics Modelからの相違点として、ディスプレイがフルHD(1920 x 1080)からタッチ対応の4K UHD (3840 x 2160) に強化され、ストレージ容量が256GB から512GB に拡張されている。
既存のラインナップとともに併売され、Thunderbolt 3 対応のUSB-C 端子の他、USB3.1端子(USB-C x 1、USB-A x 2)が搭載され、Razer Core X Chroma などの外部グラフィックスエンクロージャー(ビデオカードボックス)や外付けディスプレイなども併用できる。

新しいRazer Blade 15 Base Modelは、狭額縁15.6 インチのゲーミングノートパソコン。
CPUに第9世代のインテル Core i7-9750Hプロセッサーを、グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2060を新たに採用することで、従来モデルより性能を大幅に向上させている。
FHD解像度ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzから144Hzまで引き上げられており、スムーズで滑らかなゲームや動画再生が可能。ストレージは512GBのSSDを採用し、そのほかに最大7mm厚までのSATA空きスロットを拡張用として備えている。
なおBase Modelには、Wi-Fi無線LANだけではなく、有線LAN用ギガビット イーサネット端子も搭載。キーボードにはRazer Chroma シングルゾーンRGB バックライトに対応している。

新しいRazer Blade 15 Advanced Modelは、CPU に第9世代のインテル Core i7-9750H プロセッサーを採用した狭額縁15.6インチサイズの高性能ゲーミングノートパソコン。
ディスプレイ解像度がフルHD(1920 x 1080)のものがグラフィックス違いで2種類(RTX 2070またはRTX2080)と、4K(3840 x 2160)のモデルが1種類の合計3機種が発売される。
フルHDのモデルはともに240Hzの高リフレッシュレートを実現し、滑らかで高速なゲーム画面や動画の再生が可能となる。
4KのモデルはOLED(有機EL)タッチ対応ディスプレイを採用することで、飛躍的に高いコントラストと色表現力で、これまでにない美しい映像を映し出すことが可能となる。
4KのモデルもグラフィックスにはNVIDIA GeForce RTX 2080を採用しており、Blade 15 Advance Modelでは、PC 内部の冷却を高効率化するためにベイパーチャンバー機構を採用し、高性能でありながら17.8mmという薄さを実現している。また、無線LAN 最新規格 Wi-Fi 6 (ax) にも対応している。

新Razer Blade Pro 17は、CPU に第9世代のインテル Core i7-9750H を採用した狭額縁17.3インチのゲーミングノートPC。
グラフィックスのグレードにより2種類(RTX 2080またはRTX 2060)があり、ともにフルHD(1920 x 1080)解像度のTFT液晶(100% sRGB対応、輝度 300 nit)を採用。ディスプレイのリフレッシュレートは144Hzとなっている。
ストレージは標準で512GBのSSDが採用され、最大2TBのものにまで拡張することが可能。また、PCIeおよびSATA SSDを接続できる空きスロット(M.2 接続、最大2TB)がある。
新Blade Pro17には、USB 3.2 Gen 2 ポート(Type-A)x 3、同Type -C x 1、Thunderbolt 3 ポートx 1、2.5Gb 有線LAN イーサネットポートx1、HDMI 2.0b x 1、SD カードリーダー(UHS-III)、アナログヘッドセット端子といった拡張性の高いインターフェイスを搭載している。 また、無線LAN最新規格 Wi-Fi 6 (ax) にも対応している。