本格的な水族館経営が楽しめる「メガクアリウム」12月12日発売、東京ゲームショウ2019のコナミブースでプレイアブル展示も

 ニュース 
  公開日時 

コーラス・ワールドワイドは、英国のゲームスタジオ「Twice Circled」および「Auroch Digital」開発の水族館経営シミュレーション「メガクアリウム(Nintendo Switch/PS4/Xbox One)」を各ストアにて12月12日(木)に発売すると発表した。パッケージ版も同時発売しデジタル版が3,040円(税込)、パッケージ版が3,980円(税別)となる。

本格的な水族館経営が楽しめる「メガクアリウム」12月12日発売、東京ゲームショウ2019のコナミブースでプレイアブル展示も

本作の特徴

・キャンペーンモードとサンドボックスモード

様々な課題に対応するステージ仕立ての「キャンペーンモード」と自由な設定でとことん自分の水族館づくりに没頭できる「サンドボックスモード」の2つのゲームモードを用意。

・自由に水槽をデザイン!

魚、サメ、甲殻類、サンゴ、クラゲ、カメなど約100種類の海洋生物を飼育。水槽を設計、装飾し生き物たちが住みやすくゲストの目を楽しませる環境をつくりあげる。生き物同士の相性や必要環境にご注意!

・利益をあげる手段を考えよう

ゲストが休憩できるベンチや、自動販売機、そして出入口付近にはお土産屋といった入場料以外の副収入も重要な要素。水槽の順路など導線を考えてゲストが気持ち良くお金を払ってくれる環境をつくろう。

・水槽1つから得られる収益性を考えよう

高級魚はカッコイイかもしれないが、収益に与える影響は考慮を。荒い性格の魚たちを同じ水槽に入れるとトラブルのもとになるかもしれない。餌代や人件費、そしてゲストの目をひく水槽には多額の投資を必要とする。

・従業員のマネジメントも重要

生き物たちの世話や館内の環境維持は従業員たちの重要な仕事。適正のある人を必要な人数を雇って快適な水族館をつくろう。労働に見合う対価を支払うこともお忘れなく。

本格的な水族館経営が楽しめる「メガクアリウム」12月12日発売、東京ゲームショウ2019のコナミブースでプレイアブル展示も

本格的な水族館経営が楽しめる「メガクアリウム」12月12日発売、東京ゲームショウ2019のコナミブースでプレイアブル展示も

東京ゲームショウ2019でプレイアブル展示

本作は9月12日〜15日まで開催される東京ゲームショウ2019のKONAMIブースにて日本版をプレイアブル展示。ブースの詳細はKONAMI 東京ゲームショウ2019 特設サイト(https://www.konami.com/games/event/tgs/)をご確認ください。

「コーラス・ワールドワイド」公式サイト

https://chorusworldwide.com/