「香川県議会」ゲーム依存症対策の素案を修正しゲームのみに、1月23日から県民の意見を募る

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ニュー侍 

香川県議会は1月20日、18歳未満の子どもを対象としている依存症対策について、スマートフォンやゲームを利用制限する条例の素案を修正した。

それによると、スマートフォンやゲームの利用時間は1日あたり、平日は60分、休日は90分を上限としていたが、今回の修正により上限が設けられるのはゲームのみとなる。

香川県議会1月23日から県民の意見を募り、条例案を提出する予定とのこと。ゲームプレイ時間の規制については、中国が依存症対策などを行っており、ゲームメーカーもそれに合わせてゲームを開発している。

日本では今後、ゲームの規制についてどのようになっていくのか気になるところだ。

「スマホ1日60分」を「ゲームのみ」に修正 条例素案 香川(NHK)