ホラーゲーム「QuietMansion」シリーズなどを手がけている個人開発者の学生がクラウドファンディングを開始!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

個人ゲーム開発者「K App.」は2020年6月9日、クラウドファンディングを開始した。「K App.」は「QuietMansionシリーズ(旧KENGOHAZARDシリーズ)」を開発している。

ホラーゲーム「QuietMansion」シリーズなどを手がけている個人開発者の学生がクラウドファンディングを開始!

学生が一人で開発したとは思えないクオリティや現代のSNS社会に訴えかけるストーリーで話題になった「QuietMansion2(旧KENGOHAZARD2)」や進化するホラーゲーム「AccidentHouse」といったゲームを開発してきた。

ホラーゲーム「QuietMansion」シリーズなどを手がけている個人開発者の学生がクラウドファンディングを開始!

今回のクラウドファンディングは今後の開発をより効率化するためのもので今までの開発には「CPU統合型GPUノートパソコン」で開発を行っていましたがさらなるクオリティを求める声が大きくなってきたことや「AccidentHouse」の開発環境ではタイトル画面ですら30fpsも出ないこと、更には「QuietMansion2大規模プロジェクト」が進行している事を受け、このままの開発環境では対応できないと判断したため開始されたもの。

プロジェクトの支援金は機材のグレードアップ費用に使われ、リターンには「AccidentHouse」、「QuietMansion2」のプロダクトキーやエンディングクレジットへの記載、支援者の名前入りコレクションアイテムの実装などが予定されている。

クラウドファンディングのページはこちらから

https://camp-fire.jp/projects/view/292520