メガネスーパーがeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結、若年層にアイケアを啓発

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

ビジョナリーホールディングスは3月2日、 プロeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結したと発表した。

メガネスーパーがeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結、若年層にアイケアを啓発

スポンサー契約にあわせて、今後は所属選手監修のメガネフレームレンズやコンタクトレンズなどの商品展開、 ゲームの使用環境に特化した専用の検査など、 ゲームを取り巻く環境でのアイケア商品・サービスの構築を行っていくとのこと。

なお、今回のスポンサー契約に関してビジョナリーホールディングスは

「超近視時代と言われる現代で、 眼を長い時間使うプロeスポーツ選手と様々なアイケアの取り組みを推進していくことで、 若年層にアイケアを啓発し、 更には次世代のグローバルで支持される競技であるeスポーツの発展・普及に貢献していきたいと考えております」

とコメントしている。

メガネスーパーがeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結、若年層にアイケアを啓発

メガネスーパーがeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結、若年層にアイケアを啓発 メガネスーパーがeスポーツチーム「忍ism Gaming」とスポンサー契約を締結、若年層にアイケアを啓発