日本ゲーム大賞2021「アマチュア部門」の最終審査に進出した12作品が決定!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

コンピュータエンターテインメント協会は8月10日、アマチュアクリエイターが制作したオリジナルゲームの中から優れた作品を表彰する「日本ゲーム大賞2021 アマチュア部門」の最終審査へ進む12作品を発表した。

日本ゲーム大賞2021「アマチュア部門」の最終審査に進出した12作品が決定!最終審査は、日本のゲーム業界の一線で活躍しているクリエイターや業界メディアの編集長が行い、本年のアマチュア部門の受賞作品が決定されるという。

受賞作品は8月18日に発表され、受賞作品の中から大賞をはじめとした各賞を東京ゲームショウ 2021 ONLINE 会期中に発表する予定とのことだ。

最終審査に進出した12作品は以下の通り。ゲームの詳細は下記のページから確認できるので、そちらもチェックしてほしい。

アマチュア部門 最終審査進出 12作品
※作品タイトル50音順

INSEPARABLE

HAL東京
I4P3
パソコン

ウニィ研究所

HAL大阪
※スタッフが美味しくいただきました
パソコン

オリヒメ

HAL東京
こもへり -Common Heritage-
パソコン

鏡娘

HAL大阪
睡眠欲
パソコン

Confettia

HAL東京
のんとのぶ
パソコン

シロクロコネクト

HAL大阪
リスティングの壺
パソコン

DungeonInversion

HAL名古屋
ベイビーのひとりごと
パソコン

ツキカゲ

HAL東京
FMトクシン研究所
パソコン

PARADOGS

早稲田文理専門学校
田之上和億
パソコン

Fractaloop

HAL大阪
ねこみみ☆Re:latives
パソコン

ReverseRoom

名古屋工学院専門学校
鈴木駿也
パソコン

LUMINO La ruta naturaL

HAL名古屋
てーぶるぱんち
パソコン

受賞作品一覧

https://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_02.html