2Dサバイバル・村作りシミュレーションゲーム「VISM」、2023年内に発売決定

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

個人ゲーム開発者の延原淳也氏は10月6日、PC向け村作りシミュレーションゲーム「VISM」の開発を発表した。発売は2023年内を予定。

2Dサバイバル・村作りシミュレーションゲーム「VISM」、2023年内に発売決定

「VISM」は、サバイバルと村作りを合わせたシミュレーションゲーム。
プレイヤーは自身のキャラクターをカスタマイズし、プレイ毎にランダム生成される広大な無人島マップで採集、クラフト、サバイバルを体験していく。

2Dサバイバル・村作りシミュレーションゲーム「VISM」、2023年内に発売決定

サバイバルでは、空腹や天候による体調の管理、厳しい冬を超えるためのコロニー全体のリソース管理などが要求される。
また、漂流した放浪者を村人として迎え入れ、仕事を割り振ることができるという。プレイヤーは空いた時間に冒険にしたり、村人のために料理人に徹したり自由な行動が可能とのことだ。

2Dサバイバル・村作りシミュレーションゲーム「VISM」、2023年内に発売決定

発表にあわせて公式サイトも公開されている。発売は2023年を予定しているとのことなので、続報を楽しみに待とう。

公式サイト

https://vismgame.com/jp