ライアットゲームズとUbisoft、「Zero Harm in Comms」リサーチプロジェクトを発足 ゲームチャットの悪質な言動を検知

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

ライアットゲームズとUbisoftは11月17日、「Zero Harm in Comms」リサーチプロジェクトを発足したと発表した。

ライアットゲームズとUbisoft、「Zero Harm in Comms」リサーチプロジェクトを発足 ゲームチャットの悪質な言動を検知

「Zero Harm in Comms」は、ゲームチャットにおける悪質な言動を検知して抑制することを目的としたリサーチプロジェクト。技術的な提携を結ぶことで両社のAIソリューションの限界を引き上げ、プレイヤー間の有害な交流を防ぐという。

今回の提携について、Ubisoftとライアットゲームズは「ゲームにおける安全で有意義なオンライン体験の創造は、共同的な活動と知識の共有によってのみ実現されると確信しています。そのため、今回の試みは、良いソーシャル体験を育み、悪影響をもたらすやり取りを避けられるように設計されたゲーミング構造を作るという2社の大いなる旅路の延長線上にあるものです」とコメントしている。

また、リサーチプロジェクトは「将来的にプレイヤーコミュニティー全体の利益になる」とし、来年どのような結果であっても、初期段階で得た実験の学びを業界全体で共有するとしている。