ボスを倒してプログラム世界の秘密を暴く2D弾幕シューティングゲーム「ラストコマンド」のSwitch版が発売開始!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

No Stuck Game StudioとCreSpiritは1月19日、2D弾幕ゲーム「ラストコマンド」のNintendo Switch版の発売を開始した。

ボスを倒してプログラム世界の秘密を暴く2D弾幕シューティングゲーム「ラストコマンド」のSwitch版が発売開始!

「ラストコマンド」は、台湾のインディーゲーム開発会社「No Stuck Game Studio」のクリエイター・Dinaya氏とCreSpiritが共同制作した2D弾幕シューティングゲーム。

プレイヤーはクローラー型プログラム「Python」を操りながら、2種類の素早いアクション「ダッシュ」と「解析」を活用し、敵の攻撃をかわしていく。

ボスを倒してプログラム世界の秘密を暴く2D弾幕シューティングゲーム「ラストコマンド」のSwitch版が発売開始! ボスを倒してプログラム世界の秘密を暴く2D弾幕シューティングゲーム「ラストコマンド」のSwitch版が発売開始!

本作はボスバトルの数が多く、その重複性が低いことが売りだとという。ゲームを進めながら様々な種類のチップをゲットしてクローラー型プログラムを強化すると、ステージクリアに役立つ特殊能力が発揮され、自分だけのバトルスタイルを作り上げることができる。

ボスを倒してプログラム世界の秘密を暴く2D弾幕シューティングゲーム「ラストコマンド」のSwitch版が発売開始!

また、本作では具象化された二次元の世界を探索することも可能で、様々なタイプの人造プログラムと会話でき、彼らとの協力や対立といったシナリオも用意されているという。