【FRONTIER GAMERS】 SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE推奨PC新発売 ~ご購入でもれなくSteamウォレットコードがもらえるキャンペーンも~ 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

■製品の概要
このたび発売した新製品は、戦国時代末期の日本を舞台としたシングルプレイのアクションアドベンチャーゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」(株式会社フロム・ソフトウェア/発売日:2019年3月22日)を快適にプレイするための推奨環境を満たしたゲーミングパソコン<2機種>です。

エントリーユーザー向けには、コンパクトサイズのマイクロタワー<GXシリーズ>を、またスタンダード・ヘビーユーザー向けには、裏面配線でエアフローにこだわったミドルタワー<GRシリーズ>をご用意しました。CPUには、8コア16スレッド、基本クロック周波数3.2GHz、最大クロック周波数4.1GHz、TDP 65Wの「AMD Ryzen 7 2700」を採用。グラフィックカードは「AMD Radeon RX 590」または「NVIDIA GeForce RTX 2080」を搭載したモデルをご用意。ご予算やお好みに応じてお選びいただけます。
ただいま期間限定で「SEKIRO」推奨モデルをご購入いただいた方に、もれなくSteamウォレットコード2,500円分がもらえるキャンペーンを実施中です。詳しくはFRONTIERダイレクトストア内「SEKIRO」推奨PCご紹介ページをご覧ください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/ )にて、2019年3月26日(火)より販売を開始しています。

▼アクションアドベンチャーゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨PCはこちら
https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1903220101

■製品の特長
<第2世代Ryzenプロセッサー搭載>
第2世代Ryzenプロセッサーは「ZEN+」アーキテクチャを採用し、12nmプロセスで製造されています。第1世代Ryzenと比較して動作クロックが引き上げられました。要求の厳しいゲーマーやクリエイターに向けたクラス最高のマルチプロセッシング性能を備えています。

<AMD Radeon RX 590 グラフィックカード搭載>
AMD Radeon RX 500シリーズの最上位である「Radeon RX 590」は、AMDのGPU初の12nmプロセス技術を採用。ベースクロックは1,560MHz、ブーストクロックは最大1,591MHz、メモリは8GB GDDR5を搭載。

<NVIDIA GeForce RTX 2080グラフィックカード搭載>
「GeForce RTX 2080」は、最新の「Turing」アーキテクチャにより革新的なリアルタイムレイトレーシングに対応。ベースクロックは1,515MHz、ブーストクロックは最大1,710MHz、メモリは8GB GDDR6を搭載。消費電力は215W。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。
また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。

<SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEとは>
時は戦国。雪深い峠を越えた先に、葦名の国はある。「剣聖」葦名一心が、わずか一代で国盗りをして興した、北国の雄である。だが、その葦名は存亡の危機にあった。一心の孫である 葦名の将は、窮状を憂い、自らの手勢に密かに告げた。「もはや、寄せ手から葦名を守るための、尋常の術は無い」「今こそ、あの御子が必要だ」かくて御子は、囚われとなる。御子というが、その身は天涯孤独、家族も家臣も、なにもない。ただ一人の忍びを除いては…。これは寄る辺なき、孤独な主従の物語である。
(SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEオフィシャルサイト: https://www.sekiro.jp/

配信元企業:インバースネット株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ