Tencentゲーミングセミナー「中国ゲーム市場の2020年はどうなる!?中国ゲーム市場の現状や版号審査の現状」にSQOOL代表加藤が登壇 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

ゲーム情報ウェブメディア「SQOOL.NETゲーム研究室(https://sqool.net/)」を運営する株式会社SQOOL(本社:東京都港区 代表取締役:加藤賢治)は、代表の加藤賢治が3月11日に開催されるTencent Cloud Japan主催のイベント、「Tencentゲーミングセミナー第2回:中国ゲーム市場の2020年はどうなる!?中国ゲーム市場の現状や版号審査の現状」に登壇することをお知らせいたします。

2018年に続き2019年にも大きな成長を見せた中国ゲーム市場。日本ゲーム企業にとって、中国ゲーム市場は選択肢から外せない存在になりました。その中国ゲーム市場の2020年はどうなるのでしょうか。
3月11日に開催されるTencent Cloud Japan主催のイベントでは、

●中国でのモバイルカジュアルゲーム
●アドネットワークを利用した中国ユーザーの獲得
●中国モバイルゲーム躍進の裏側
●2019年版号取得の実績の解説
●中国ゲーム市場の特徴とランキングの解説
●テンセントクラウドのゲームエコシステム

などをテーマに、中国ゲーム市場についてお伝えします。

イベントにはSQOOLの代表加藤も登壇し、メディアの目線から中国のモバイルカジュアルゲーム、アドネットワークの状況などについて講演します。

イベント開催概要
・日時:
2020年03月 11日 (水) 14:00~17:00 *13:30受付開始

・会場:
東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
株式会社アカツキ セミナールーム

・参加費:
無料

・詳細&参加申し込みページ
https://peatix.com/event/1429399/

コロナウイルスへの対応について
-Tencent Japan及びTencent Cloud Japanからの登壇者及びイベントへの参加者は、全員日本現地採用で日本在住です。中国春節期間も大陸中国への渡航はしておりません。
-最終的なイベントの開催可否は、東京都内でのコロナウイルスの状況を注視し、3月4日(水)頃に決定いたします。
-本イベントは、参加頂く皆様の健康と安全を最優先として開催いたします。

配信元企業:株式会社SQOOL
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ