死んで魂となってしまった”私”が自身の死の謎を探究するアドベンチャーゲーム 『ワタワケ – 私が死んだわけ』(Nintendo Switch/日本語版)がニンテンドーeショップにて予約開始! 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

本日、ゲームの企画、開発、プロデュースやローカライズなどを手掛ける、DICO株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:中塚 浩二)は、10月8日(金)に発売されるアドベンチャーゲーム『ワタワケ - 私が死んだわけ』(Nintendo Switch/日本語版)の予約を、ニンテンドーeショップにて開始したことをお知らせいたします。
※本作はダウンロード版で発売となります。

ワタワケは、1940年代のイギリスにあるブラックウッドを舞台に、死んでしまい記憶喪失となった主人公アビゲイルが魂となって蘇り、自身の死の理由(ワケ)を探究するアドベンチャーゲームです。

プレイヤーはアビゲイルの魂を操作して、壁を通り抜けたり物体を動かしたりしながら、謎を解いていきます。数々の謎が明らかになったその先には、驚くべき展開の物語が待ち受けています。

「ワタワケ - 私が死んだわけ」予約ページ(ニンテンドーeショップ内):
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000033868

■「ワタワケ - 私が死んだわけ」概要
・ヴィクトリア朝のアートワークで彩られた2Dグラフィックスを舞台にしたミステリー。
・90室以上におよぶ部屋を探索することができます。
・5つの広大で多様なエリア - ブラックウッドの屋敷は、廃墟、森、洞窟、廃村に囲まれています。
・プログレッシブロックとアンビエントにインスパイアされたサウンドトラック。
・壁を通り抜ける能力を使って、秘密の部屋やエリアにたどり着こう。
・ポルターガイストのように物体に憑依して、持ち上げたり、使用したり、組み合わせたり、空中に浮かせたり、積み上げたり…。
・隠された部屋や新しいゴーストの力などの特別な機能を発見して、あらゆる手段を使ってパズルを解こう。
・ブラックウッドの物語を探求しよう。アビゲイルの死から40年が経ち、多くの事柄に変化が起きています。
・ブラックウッドの屋敷を始め、様々な世界を自由に旅することができます。

■ゲーム情報
タイトル:ワタワケ-私が死んだわけ
価格:1,499円(税込)
発売日:2020年10月8日(金)
プラットフォーム:Nintendo Switchダウンロードソフト
推定ROM容量:1.7GB
プレイモード:TVモード、テーブルモード、携帯モード
プレイ人数:1人
Nintendo Switch Proコントローラー対応
ジャンル:パズル/アドベンチャー/その他
言語:日本語
年齢制限:「B」(12才以上対象)
公式サイト:https://www.dico4players.com/watawake/

(C)2020 Forever-Entertainment S.A. Licensed to and published by DICO Co., Ltd.

【会社概要】
社名 : DICO株式会社
所在地 : 〒150-0011 東京都渋谷区東 3-26-2 第二長澤ビル 4F
設立 : 2011年3月
代表者: 代表取締役 中塚浩二 (ナカツカ コウジ)
URL: https://www.dico4u.com/

【本件に関するお問い合わせ】
DICO株式会社
担当:吉田
info@dico4u.com
TEL. 03-6427-2334(代表)

配信元企業:DICO株式会社
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ