通期連結業績予想の修正に関するお知らせ ~営業利益予想を前期比約1.4倍となる19億円へ上方修正~ 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

当社は、本日開催の取締役会において、最近の業績の動向等を踏まえ、2020年8月11日に公表いたしました2021年3月期の通期連結業績予想を下記のとおり修正することといたしましたので、お知らせいたします。

1. 2021年3月期 通期連結業績予想数値の修正(2020年4月1日~2021年3月31日)
・前回発表予想(A)
 売上高:23,080百万円/営業利益:1,600百万円/経常利益:1,600百万円/親会社株主に帰属する当期純利益:1,100百万円/1株当たり当期純利益:51円09銭
・今回修正予想(B)
 売上高:23,080百万円/営業利益:1,900百万円/経常利益:1,950百万円/親会社株主に帰属する当期純利益:1,000百万円/1株当たり当期純利益:46円33銭
・増減額(B-A)
 売上高:-/営業利益:300百万円/経常利益:350百万円/親会社株主に帰属する当期純利益:△100百万円
・増減率
 売上高:-/営業利益:18.8%/経常利益:21.9%/親会社株主に帰属する当期純利益:△9.1%
・(ご参考)前期実績(2020年3月期)
 売上高:21,138百万円/営業利益:1,394百万円/経常利益:1,372百万円/親会社株主に帰属する当期純利益:792百万円/1株当たり当期純利益:36円31銭

2. 修正の理由
 当連結会計年度は、事業拡大に注力しているエンタープライズ事業が高い成長を継続していることに加え、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を一部受けたエンターテインメント事業についても、巣ごもり需要で好況なゲーム業界における新規案件を確実に獲得するなど、下期以降回復傾向にあることから、売上高は概ね計画通りに進捗しております。また、利益につきましては、テストセンターであるLab.の業務改革の効果が現れるとともに、これまで先行投資を続けてきたエンタープライズ事業の通期黒字化が見込まれるなど利益体質への転換が大幅に進んでおり、エンターテインメント事業・エンタープライズ事業ともに好調に推移していることから、営業利益、経常利益は計画を大きく上回る見込みです。一方、親会社株主に帰属する当期純利益は、連結子会社であるOrgosoft Co., Ltd.の株式取得時に発生したのれん約90百万円の減損損失や自社利用のソフトウェア等に係る減損損失約300百万円等を計上する予定であることから、上記の通り通期連結業績予想を修正いたします。

※ 上記の予想は現時点で入手可能な情報に基づいたものであり、実際の業績は今後様々な要因によって異なる結果となる可能性があります。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社デジタルハーツホールディングス IR広報部 担当 安丸
電話:03-3373-0081(月~金:9時半~18時半/土日祝:休日)
E-mail:ir_info@digitalhearts.com

【株式会社デジタルハーツホールディングス概要】
デジタルハーツホールディングスHP:https://www.digitalhearts-hd.com/
設立:2013年10月1日
代表取締役社長 CEO:玉塚 元一
本社所在地:東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
グループ会社の事業内容:ゲームデバッグ、システムテスト、セキュリティサービス等

(※)各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

配信元企業:株式会社デジタルハーツホールディングス
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ