CEDEC2021スカラーシッププログラム協賛団体決定のお知らせ 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本)は「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2021(CEDEC 2021)」において、スカラーシップ(奨学生)プログラムを実施いたします。本プログラムを2021年7月6日、下記の協賛により実施する運びとなりましたので、発表いたします。

IGDA日本では2011年にスカラーシッププログラムを開始し、ゲーム業界を志望する優秀な学生を選抜のうえ、毎年CEDECと東京ゲームショウという二大業界イベントへの参加支援を行って参りました。本年度は昨年度に引き続き、コロナ禍により両イベントがオンライン開催されることを受けて、CEDECに限定して実施いたします。

なお、本プログラムの申込み・詳細は、公式サイト( https://www.igda.jp )で後日発表いたします。

参加パス協賛
CEDEC2021

スカラーシッププログラムについて

本プログラムは「国際ゲーム開発者協会(IGDA)」(本部アメリカ)が次代のゲーム業界を担う優秀な若者に対して、世界の主要ゲームカンファレンス・イベントへの参加助成および補助を提供するもので、CEDEC2021における奨学生募集・選考・運営はIGDA日本が担当しています。

IGDAおよびIGDA日本について

国際ゲーム開発者協会 ( http://www.igda.org/ )は1994年に設立され、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本部を置き、全世界で1万人超の登録会員を数える、ゲーム開発者個人を対象とした国際NPO団体です(カリフォルニア州法に基づくNPO法人)。日本支部は2002年に設立され、2012年12月にNPO法人に認定されました。ゲーム開発者間の情報共有とコミュニティ育成を通した社会貢献をミッションとし、さまざまな活動を行っています。

NPO法人IGDA日本公式サイト http://www.igda.jp/

以上

本リリースへの質問・問い合わせなどは info@igda.jp まで

配信元企業:特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ