話題のガボールパッチがカードゲームに:「ガボールパッチ神経衰弱」がMakuakeにて予約販売開始 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

ミニマムゲームズ(京都府、代表:鈴木拓也)は、ブランド第一弾製品となる「ガボールパッチ神経衰弱」を、応援購入サービス「Makuake」(マクアケ)にて8月30日正午から予約販売いたしました。

Makuakeの該当ページはこちらです。
https://www.makuake.com/project/gabor/

【話題の視力のトレーニング法をカードゲームに】
「ガボールパッチ神経衰弱」は、近眼・老眼のセルフトレーニングとして知られる「ガボールパッチ」を活用したカードゲームです。

ガボールパッチとは、輪郭がぼやけた細長い楕円形の集まりで、ホログラフィーを発明したことで有名なノーベル物理学者のデニス・ガボール博士が考案したものです。

本来は視力トレーニングの目的で生み出されたものではありませんが、カリフォルニア大学やカンザス大学などの研究を経て、2017年に『ニューヨークタイムズ』が紹介したことで、一躍世に知られるようになりました。

日本では2018年に、書籍『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(SBクリエイティブ)が登場。本書は30万部近いベストセラーとなり、その後、複数の出版社からガボールパッチを用いたトレーニング本が刊行されました。

トレーニングの方法はどの書籍も共通していて、各ページに何種類ものガボールパッチが多数並べられ、そのなかから模様が同一のものを探すというもの。

テレワーク時代の一挙到来とともにスマホ・PCで目を酷使する人が増えたこともあり、こうした書籍は根強い人気があります。

【神経衰弱をしながら視力トレーニング】
「ガボールパッチ神経衰弱」も、「何種類ものガボールパッチから同一の模様の組を見つける」というコンセプトは同様ですが、トランプサイズの厚紙それぞれにガボールパッチが1つ印刷されており、これで神経衰弱をするという点でまったく異なっています。

家族や友人とわいわいし楽しみながら、視力のトレーニングができるのは、従来の書籍版にはないメリットがあります。

また、通勤時などに、シャッフルしたカードをめくって1人でトレーニングをすることも可能。

「Makuake」では、8月30日正午より10月29日18時までの2か月間、応援購入を受け付けます。単価は、2750円(送料・税込み)。3割引の早割や1割引の2個セット割のほかに、A3ポスターにガボールパッチが散りばめられた特別リターンなどを用意。完成品の発送は2022年1~2月を予定しています。

【商品仕様】
商品名:ガボールパッチ神経衰弱
単価:2750円(送料・税込み)。早割あり。
商品構成:52枚のポーカー(トランプ)サイズのカードと説明書1枚が化粧箱入り
プロジェクトページURL:https://www.makuake.com/project/gabor/

配信元企業:ミニマムゲームズ
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ