東京ゲームショウ2022 スカラーシッププログラム スカラー生募集開始のお知らせ 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)は、「東京ゲームショウ2022(TGS 2022)」で実施するスカラーシップ(奨学生)プログラムにおいて、スカラー生の募集を8月26日(金)より開始しましたので、お知らせいたします。スカラー生の定員は9名で、締切は9月5日(月)です。

IGDA日本では2011年よりスカラーシッププログラムを開始し、ゲーム業界を志望する優秀な学生を選抜のうえ、毎年CEDECとTGSという二大業界イベントへの参加支援を行って参りました。
TGS2022スカラーシッププログラムでは、IGDA日本ブースでの自作ゲームの展示とあわせてTGS全日程に参加できます。

TGS2022スカラーシッププログラムは下記よりお申し込みください。
https://www.igda.jp/2022/08/26/12874/

■スカラーシッププログラムについて
本プログラムは「国際ゲーム開発者協会(IGDA)」(本部アメリカ)が次代のゲーム業界を担う優秀な若者に対して、世界の主要ゲームカンファレンス・イベントへの参加助成および補助を提供するものです。
TGS2022における奨学生募集・選考・運営はIGDA日本が担当しており、スカラーシップとして9名を選抜します。

■応募条件
スカラーシップの参加希望者は、以下の条件を満たすことが必要です。
・日本語での日常会話(海外からの参加申し込みにおいても日本語での日常会話力が求められます)
・18歳以上の専門学校生・短大生・大学生・大学院生、または卒業後半年以内の者
・将来日本のゲーム業界に進みたいという強い意識を持っていること
・過去のCEDEC・TGSスカラーシップ合格者でないこと
・インディゲームコーナー・IGDA日本ブースでで自作ゲームを試遊展示できること。
・参加後、プロフィール写真とともに、日本語または英語による体験レポートを提出できること。体験レポートはIGDA日本のウェブサイトで掲示します。
※応募においてはFacebookのアカウントが必要です。すべての合格者は情報共有、連絡用にFacebookの専用グループページに登録します。

■応募方法
以下手順にてお申し込みください
1:申込みページから必要項目を登録
https://www.igda.jp/2022/08/26/12874/
2:学生証のコピーをスキャンまたはデジタルカメラなどで撮影の上、4ng@igda.jpまでメールで送る。その際にメールの件名を「TGSスカラーシップ2022申し込みの件」とし、本文に名前と学校名を明記のこと。

TGSスカラーシップ2019より

■作品規定
・出展するゲーム内容はインディゲームコーナーの規定に準じます。詳細はTGS2022公式ホームページ等で確認してください。
・出展するゲームは個人制作でも、グループ制作でも、自主制作でも、学校の課題でも、ゲームジャムなどのイベントでも制作したゲームでもかまいません。ただし、グループ制作等の場合はチームメンバーの同意が必要です。
・応募者一人につき一作品です。個人とグループでの重複応募はできません。個人で応募した場合、他のグループのメンバーの一員になることはできません。

■スケジュール
8月26日(金) 募集開始
9月5日(月) 募集締切
9月7日(水) 選考発表
9月15日(木)~18日(日)TGS2022
※スケジュールは都合により予告なく変更される可能性があります。

■IGDAおよびIGDA日本について
国際ゲーム開発者協会 ( http://www.igda.org/ )は 1994 年に設立され、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本部を置き、全世界で1万人超の登録会員を数える、ゲーム開発者個人を対象とした国際NPO団体です(カリフォルニア州法に基づくNPO法人)。日本支部は2002年に設立され、2012年12月にNPO法人に認定されました。ゲーム開発者間の情報共有とコミュニティ育成を通した社会貢献をミッションとし、さまざまな活動を行っています。

NPO法人IGDA日本公式サイト http://www.igda.jp/

以上

本リリースへの質問・問い合わせなどは info@igda.jp まで

配信元企業:特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ