東京ゲームショウ2016(TGS2016) 1日目 注目の台湾ゲーム紹介!

 取材 
  公開日時 

著者:管理人

2016年9月15日、いよいよ東京ゲームショウ2016が開幕しました!

スポンサーリンク

ビジネスデー1日目から様々なゲームメーカーのブースがひしめく中、筆者は別館ホール9にある、「インディーゲームデベロッパー」のブースを中心に散策してきました。

p_20160915_141117

恐るべし台湾勢!気になった台湾ゲームを紹介!

インディーゲームデベロッパーのブースには、台湾からのゲームデベロッパーの一角があり、幸運にも個々のデベロッパーから詳細に話を聞くことができました。

p_20160915_143352

台湾のゲームは日本のゲームのテイストと非常によく似ており、もともと日本市場との親和性が高いのですが、改めて今回紹介されたゲームを見てそのクオリティーの高さにびっくり!

台湾ゲーム、侮れません!

話を聞いたゲームのうち、筆者が特に気になったタイトルをいくつかご紹介します。

OPUS

opus

宇宙を探索して「地球」を探す、SFテイストの探索ゲーム「OPUS」。

5

3

4

グラフィックの完成度も高く、ローカライズ版の日本語もほぼ完ぺき!

プレイヤーはロボットの「エム」を操り「地球」を探しながら、隠されたストーリーに触れていきます。

%e9%98%bf%e7%81%ab%e6%98%8e%e4%bf%a1%e7%89%87%e5%ae%98%e7%b6%b2%e7%94%a8

ゲームの完成度もさることながら、その世界観がまた秀逸!
PC&アプリで日本語版を楽しむことができます。SF好き、ストーリー型ゲーム好きの方にお勧めしたい一作です!

OPUS公式サイト

PC版(steam)

iOS版

Android版

OPUS公式動画

ボケボケ学園戦

lirise_fb_banner_1200_628_jp

ボケボケ学園戦は、学校を舞台にした対戦ゲーム。

screenshot_manage

学校に来ないクラスメイトを倒して仲間にしたり、

screenshot_shop

定規や消しゴムを投げるという学校モノならではの必殺技があったり、とユニークな舞台設定。

screenshot_fightscene_attack_ch screenshot_mainscene_ch

それでいて、じゃんけんのような三すくみのバトルシステムや、チームで戦う学校戦など、システムは緻密でかなりの奥深さ!

日本語版は2016年冬にリリース予定とのことですが、どのように仕上がるのかが楽しみです!

ボケボケ学園戦公式サイト

ボケボケ学園戦公式動画

SamuraiBlade

samuraiblades_2_orig

SamuraiBladeは台湾メーカー、Millo Gamesが日本のゲームユーザー向けに開発中のパズルRPG。

開発中のため、現時点ではゲーム画像などを掲載することができませんが、かわいらしいキャラクターと、日本の戦国時代という舞台設定が非常に良くマッチした期待作!

ゲーム画像はありませんが、キャラクターの画像資料をもらいましたのでご紹介します。

ccf20160916_00000

主人公は流浪人ぽい侍の、しろべえ。カワイイ。
友達の今川義元、明智光秀、そしてラスボス的な織田信長など、日本人にはなじみの深いサブキャラも猫になって登場します。

テスト版をプレイしてみましたが、とても良い雰囲気の作風。
リリースを楽しみに待ちましょう!

Millo Games公式サイト

Lanota

img_6812

Lanotaは、非常にクオリティの高いリズムゲーム!

img_6816 img_6814

音楽に合わせて画面上を動くバーをタップしていきますが、注目すべきはそのデザイン性の高さ!

1曲目のプレイ動画

神話的な雰囲気のグラフィックは、ゲームの背景にあるストーリーと併せてプレイヤーをファンタジーの世界に引き込みます。

img_6813

収録されている音楽は全てオリジナル!
台湾と日本のアーティストが作曲しており、現在は全部で16曲あります。

曲が良いのも自慢です!とデベロッパーの担当者が言う通り、どれも本当に良い曲!

芸術的に仕上がっているLanotaはお勧めの一作です。

Lanota公式サイト

iOS版

Android版

Lanota公式PV

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。