「ハイパーカジュアルゲームのリアルな世界との戦い方」開催、芸者東京CEOが登壇

 ビジネスニュース 
  公開日時 

著者:ニュー侍

ジェミニエンタテインメントは11月5日、松戸市市役所後援の松戸市コンテンツ事業者連絡協議会のトークセッション10回目を11月21日に開催すると発表した。今回は株式会社芸者東京の田中社長をゲストにハイパーカジュアルゲームの作り方、市場環境などについてトークを行う。

スポンサーリンク

「ハイパーカジュアルゲームのリアルな世界との戦い方」

2005年、ガラケーゲームのガチャを発端に家庭用ゲームとは異なるゲームカテゴリーとして「ソーシャルゲーム」いわゆる「ソシャゲ」という新しいゲームが生まれ、それに関わる新しい課金のメソッドが生まれた。

それは、従来からあったオンラインゲームにおけるアイテム課金モデルをベースにしながらも、レア、スーパーレアなど、異なる価値観をユーザーに浸透させ、射幸心をくすぐることに成功しビジネスモデルを構築。

その後、2010年代に入るとガラケーはスマートフォンに進化し、ここでも新しい多くのゲーム・エンタテインメントが、そのカルチャーを塗り替えてきた。

しかし、そんなソシャゲも徐々に淘汰をされ始め、ブルーオーシャンからレッド、ブラック、果てはドライオーシャンと呼ばれる状況になった。そのような中で、誰にでも、簡単に遊べて、中毒性の高いカジュアルゲームが世界のスマホーゲームのチャートを賑わせている。それらはハイパーカジュアルゲームと要されるもの。

今回の松戸市コンテンツ事業者連絡協議会のクリエイティブ系ワーキングスタイルのセッションは、ハイパーカジュアルゲームで米国App Store無料アプリで、2018年12月に1位をマークし、売上げ8億円記録したハイパーカジュアルゲーム「Snowball.io」を生み、2019年4月22日にはiOS用アプリ「Traffic Run!」が米国App Store無料アプリで1位をマークした。これらのアプリは「芸者東京」が開発。

今回のセッションでは株式会社芸者東京のCEO田中泰生氏より、それらのゲームの開発の背景と、現在のハイパーカジュアルゲームに関して話を伺う。

田中 泰生(たなか たいせい)芸者東京株式会社 CEO

「ハイパーカジュアルゲームのリアルな世界との戦い方」開催、芸者東京CEOが登壇

1976年大阪生まれ。東京大学法学部卒。 卒業後、コンサルティング会社、大手ゲーム会社を経て起業。 ARプロダクト(電脳フィギュアARis)やモバイル向けソーシャルゲーム「おみせやさん」(国内プラットホームでランキング1位)を立て続けにヒットさせた後、人生の迷子になり会社にあまり行かなくなる。

狩猟、ゴルフ、釣りといった日々を過ごすこと4年、会社が破綻の淵にあることに気づいた41歳の冬、覚醒後、新卒として転生(という設定)。 2018年12月、チームとともに開発したゲーム「snowball.io」「Traffic Run!」がともにiPhoneのUSトップチャートで1位を記録。

2019年7月末時点で、合計9600万ダウンロードに到達、世界236の国や地域で遊ばれている。 現在は、芸者東京を世界最高のハイパーカジュアルゲーム会社にするため、プロダクトデザインおよび開発、マーケティング、マネタイズを担当し、日々ちゃんと働いている。 2007年度未踏ソフトウェア創造事業採択者。

開催概要

日程:11月21日(木)

参加費用:無料

開場:18時30分

開演:19時(セッション約60分)

交流会:20時〜21時

場所:松戸スタートアップオフィス 千葉県松戸市松戸1307-1

対象:ゲームクリエイター、独立起業を目指す社会人、学生、専門学校生

募集サイト

https://peatix.com/event/1369212/view

著者:ニュー侍
スマホゲームを開発していたり、スマホメディアにて数多くのアプリを紹介している個人開発者兼フリーライター。
個人開発のアプリから大手メーカーまでをカバーし、新しいアプリをダウンロードしてはプレイし続ける日々を送っている。