【レポート】「黒川塾54」ゲーム三冠王!岡本吉起かく語りき「子供達をバックアップするのは大人の仕事」

 取材 
  公開日時 

著者:管理人

2017年10月19日、デジタルハリウッド大学大学院の駿河台キャンパスにて「黒川塾54」が開催されました。

スポンサーリンク

黒川塾54のゲストはアーケードの「ストリートファイターⅡ」、コンシューマーの「バイオハザード」、そしてスマートフォンの「モンスターストライク」(以下、モンスト)など数多くのゲームの開発に携わってきた岡本吉起(おかもとよしき)氏。

会では、3つのゲームプラットフォームでスマッシュヒットを飛ばした「ゲーム三冠王」こと岡本氏の、ゲームとの出会い、苦しかった時期、モンストのヒット、そして日本への熱い想いまで、約90分間たっぷりと語られました。

上司に内緒でこっそり作ったヒット作「タイムパイロット」

数々のヒットゲームを世に送り出してきた岡本氏。しかし日々ゲーム漬けになっているかというとそうではなく、ゲームは少し引き気味に遊んでいるそうです。

これには訳があり、

「やりだすと究極まで攻めたくなる。究極まで攻めるとどうなるかというと、誰も付いてこれない世界に一人でいるということになる」

「やりだすと世界一のプレイヤーを目指したくなるけど、多くのプレイヤーはそこは求めていない。多くのプレイヤーがここに居るよね、というところに自分を止めておきたい」

と岡本氏。

そんな岡本氏とゲームとの出会いは小学生の頃。岡本氏の弟の友達が持っていたテニスゲームを、自分が持っているおもちゃと交換して遊んだのが最初だといいます。
「自分が操作したものが画面で動く!すげー!」と思ったがすぐに飽きてしまい、ここではゲーム業界へのきっかけは生まれませんでした。

その次はインベーダーゲームにハマった、と岡本氏。
毎日喫茶店に行って遊んでいたが全然うまくならずに、ハマった時期はすぐに過ぎ去ってしまったそう。それがきっかけでゲーム業界へ・・・ということもなし。ここでもきっかけは生まれません。

岡本氏とゲーム業界との出会いのきっかけは結局就職ということに。
絵画の学校を出てイラストレーターとして入った会社がゲーム会社。倍率40倍以上をくぐり抜けてイラストレーターとして入社したはずが企画に回り、そこから大ヒットゲーム「タイムパイロット」が生まれます。

これは上司に内緒でこっそり作った、と岡本氏。

黒川氏「それって許されたんですか?」

岡本氏「許されるわけないじゃないですか!」

今では考えられない話ですよね。いや、昔だとしても。

モンスト前の「姿を消した数年」

その後カプコンを経て岡本氏はゲームリパブリックを設立。しかしヒット作に恵まれず辛い時期を迎えます。

「皆さんが思っている100倍辛かったと思います」

破産してもよいくらいの借金を個人で背負ったが、「絶対に返す」と数年言い続けた岡本氏。

ある日債権者から電話がかかってきた時に、
「今ダンボールを切ってボードゲーム作ってる」
「ボードゲームで当てて借金を返します」
と答えたこともあるという。
就職したら借金は返せない、自分でやるしか無い、と思っていたからこその行動と返答だったが、

「普通の人は頭がおかしいと思いますよね。電話を切られちゃいましたね」

ゲーム業界から姿を消した岡本氏は数年後、モンストで再びゲーム業界に帰ってくることになります。

ミクシィの関係者と共に注力したテーマは「みんなで集まってワイワイガヤガヤ楽しいゲーム」というもの。その2週間後に、岡本氏は動くプロトタイプを作って持って行ったそう。ここからモンストが始まりました。

子供が飯を食えないなんてありえない!

その後のモンストの大ヒットは皆様御存知の通り。
話はここから岡本氏のゲームの外の活動へと移ります。

「前に吉岡さんの話を伺ったときに、日本に生まれて良かった、日本に還元したい、貧しい子供達を支援したい、とおっしゃっていたのが印象的でしたね」

と黒川氏。

吉岡氏は「子供食堂ネットワーク」への寄付などを通して子供達への支援を行っているそう。黒川塾54の後半は、岡本氏の熱い想いが語られました。

「ここにいる皆さんが子供の頃は高度経済成長期ですよね。僕のお爺さんの世代は戦争から帰ってきたら焼け野原。それって世界最貧国でしょ。そこから世界2位までなりましたよね。日本に生まれて良かったなと思ったでしょ?僕も思ってた。すごく幸せでラッキーだなと思ってた」

「じいちゃんがビリからスタートして、父ちゃんたちが頑張って2位にして、僕らは2位でもらっている。そして僕らが順位を落としている。それが悔しいよね。もう一度1位を目指せるところまで上げたいと思っている。そう思っているときに、子供が飯を食えないなんてありえない!それで出来る限りバックアップしています」

「まず僕が幸せになる。その次に僕の会社の幹部が幸せになって、社員が幸せになる。その後で溢れた部分で日本の将来を担う子供達を幸せにする。自分が十分に取った上で余った分を全部あげる。そうすると、無限にあげようという気持ちになる。自分がちゃんと取っているから惜しいという気持ちもなくなるよね」

「今の大人達は子どもたちの将来の日本を借りている。だから子供達をバックアップするのは大人の仕事なんです」

照れながら語る岡本氏の笑顔がとても印象的な会でした。
モンスト、遊んだことありますか?もう一度童心に返って遊んでみるのも良いかも知れませんね。

黒川塾関連情報

オンライン版の黒川塾「オンライン・サロン 黒川塾」の第2期サロンメンバーの募集が開始!https://lounge.dmm.com/detail/577/