国内外ゲーム・エンターテイメント業界を分析したデータ年鑑「ファミ通ゲーム白書2020」が7月9日に発刊

 ビジネスニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は6月24日、「ファミ通ゲーム白書2020」を7月9日に発刊すると発表した。本書は、国内をはじめ、北米・欧州・東アジアといった海外主要地域別のゲーム市場や、ユーザー・マーケティング調査など、豊富な最新データや大規模アンケート結果をもとに、国内外ゲーム・エンターテイメント業界の最新動向をさまざまな角度から分析したデータ年鑑となる。

国内外ゲーム・エンターテイメント業界を分析したデータ年鑑「ファミ通ゲーム白書2020」が7月9日に発刊

「ファミ通ゲーム白書2020」では、2019年の世界ゲームコンテンツ市場について、前年比約2割増の15兆6898億円と推定した。この市場規模は、家庭用及びPC向けパッケージゲーム市場の1兆3519億円と、デジタル配信ゲーム市場(モバイルゲーム、PC配信ゲームデジタル配信、家庭用ゲームデジタル配信)の14兆3379億円を合算したもの。

世界の主流はデジタル配信となっており、とくに、中国におけるモバイルゲームの急成長など、アジアの好調ぶりが際立っている。日本の市場も1.5兆円を超えており、依然としてひとつの国としてはトップクラスの規模を誇っている。

おもな地域別では、東アジア※2が6兆9078億円、北米※3が4兆4400億円、欧州※4が3兆1553億円と推算し、主要3地域はいずれも前年比二桁増のプラス成長となった。

「ファミ通ゲーム白書2020」おもなトピックス

・国内ゲーム市場は10年連続で成長!前年比103.8%の1兆7330億円に。

・ 注目を集める国内クラウドゲーム市場。4年後には10倍以上の成長を見込む。

・2019年国内ゲーム人口は4793万人。アプリゲームユーザーが前年より微増。

・新型コロナウイルス感染症による外出自粛などの影響から、ゲームで遊ぶ時間が増加。

本書の紹介ページ