ウザイ広告排除でゲームメディアはキレイになるのか?5月10日からChromeが「Better Ads Standards」非準拠サイトの広告をブロック

 コラム 
  公開日時 

著者:管理人

ゲームメディアといえばウザイ広告。

ウザイ広告排除でゲームメディアはキレイになるのか?5月10日からChromeが「Better Ads Standards」非準拠サイトの広告をブロック

そのような状況が一変しつつあります。

スポンサーリンク

Googleは、

「Better Ads Standards」に準拠しない広告をGoogle Chromeでブロックする

と宣言しました。
これが日本では5月10日から開始されるのです。しかもどうも広告単位ではなく、サイト単位で適用されるようです。

何を言っているかよく分からないという方が大半だと思いますが、すごく要約して説明すると、

5月10日以降Chromeはウザイ広告を掲載しているサイトの広告は表示しないようになる

ってことです。

ウザイ広告というのは「Better Ads Standards」という国際的なルールで決まっていまして、例えば

ウザイ広告排除でゲームメディアはキレイになるのか?5月10日からChromeが「Better Ads Standards」非準拠サイトの広告をブロック

こんな感じで前面に出てくる広告。
※インタースティシャル広告といいます

出し方にもよりますが、これはほぼダメ。
だいたいこのバツボタン、小さすぎて押せないだろうというね。

その他には、

ウザイ広告排除でゲームメディアはキレイになるのか?5月10日からChromeが「Better Ads Standards」非準拠サイトの広告をブロック

これとか。
スマホ画面の下部に、すぅ~って浮かび上がってきて動く広告もダメ。
原則、動いたり、浮かび上がったり、点滅したりしてはダメ。
※動かないタイプのものは引き続きOKです

他にもいろいろあって、「広告が多すぎたらダメ」とか、「カウントダウンタイプはダメ」とか。ちなみにスマホだけでなくPCもダメです。

こういう「Better Ads Standards」に準拠していないダメなウザい広告を置いていたら、Choromeでは広告がブロックされるようになります。ユーザーにとっては超朗報ですよね。

メディアにとってみれば、ブラウザシェアの半分以上を占めるChromeでの広告ブロックは致命的ですから、従わざるを得ない、というわけです。

既に現時点でかなりの程度、ウェブの広告は大人しくなって来ていると思います。ウザい広告が多く実装されがちだったゲームメディア界隈は、特にその清浄化の傾向が顕著なように感じます。自発的な改善ではなかったのが残念ではありますが、外圧であれ何であれ、ディアを見に来るゲームファンにとって見やすい環境が整うのは良いことです。

さて、問題はここからです。
ウザイ広告は収益性が高いのです。おそらくChromeの広告ブロックをすり抜ける技術が出てきます。「Better Ads Standards」の穴を突くウザい広告フォーマットも出てくるでしょう。

ソーシャルゲームのピークアウトなどもあり、一昨年、昨年と多くのゲームメディアが閉鎖しました。ビジネスですから儲かっていれば閉鎖しません。ゲームメディアに多くのウザい広告が実装されていたこととソーシャルゲームのピークアウトは実は無関係ではなく、そしてその状況は今後も継続します。
一旦清浄化した後、また元に戻ってしまうのか、或いはそうはならずにより良い収益源を見つけ進化していくのか。ゲームメディア界隈は今、一つの岐路に立っているのではないかと思います。

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。