スマホでeスポーツ!本格3Dアクションゲーム「ハチャメチャ STARJAM」のお披露目会が開催!

 ニュース 
  公開日時 

2017年11月11日、東京都渋谷区の「BA-TSU ART GALLERY」にて、スマートフォンアプリの3Dアクションゲーム「ハチャメチャ STARJAM」のお披露目会が開催された。

スポンサーリンク

「ハチャメチャ STARJAM」は「Team STARJAM」が提供するスマートフォンアプリの3Dアクションゲーム。対戦プレイ時は大量のデータのやり取りが発生するが、「わずかな遅れも発生しない技術革新を実現し遅延なくストレスフリーで相手との対戦が可能」という。

「ハチャメチャ STARJAM」は既に「auゲーム」にて配信が開始されており、本日は配信開始を受けてのお披露目会が開催された。

開会冒頭では一般財団法人渋谷区観光協会理事長の金山氏が、

「渋谷原宿の街でeスポーツの魅力と可能性、そして凄さに触れてもらえる場を提供したい」
「ゲームってこんなに指先の動きが凄いんだ!という事を皆様に感じていただければと思います」

とお披露目会の趣旨を発表。

お披露目会には金山氏の他、X-GUNの西尾氏、ロンドンブーツ1号2号の田村氏、Team STARJAMエグゼクティブ・プロデューサーの枝廣氏、日本eスポーツ協会事務局長の筧(かけひ)氏が登壇、eスポーツの魅力と将来性について熱いトークを繰り広げた。

自身は最近受験生になってしまいゲームにあまり時間が割けないと語る田村氏。しかし、

「日本には優秀なプレイヤーがたくさんいるので、絶対に日本でもeスポーツは火が点くと思っていた」

と、eスポーツの将来性に以前から注目していたと明かす。

日本eスポーツ協会事務局長の筧(かけひ)氏も、

「先週中国で、元オリンピック会場だった鳥の巣でeスポーツ大会が開かれたが、来場者が6万人」
「賞金総額27億円、優勝賞金11億円という大会もある」
と、eスポーツの世界的な人気を強調。

eスポーツといえばパソコンでやるものというイメージがあるが徐々にスマートフォンアプリのeスポーツタイトルが出てこようとしている中、ハチャメチャSTARJAMは期待のタイトルであるとして登壇者の意見が一致。
Team STARJAMエグゼクティブ・プロデューサーの枝廣氏は、

「リアルタイムで遊べるスマートフォンの3Dアクションゲームとして、コンマ1秒を競う戦いができるゲームに仕上がった」

と自信を見せる。
右手親指一本で操作できる簡単な操作性も魅力の一つ。
これを機にeスポーツがますます日本で広がることを期待したい。

ハチャメチャSTARJAMで西尾氏と対戦する田村氏 受験勉強の影響か勝負は西尾氏に軍配が