東京ゲームショウ2017「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付開始

 ニュース 
  公開日時 

東京ゲームショウ2017「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付開始

「東京ゲームショウ2017」(主催:一般社団法人コンピュータ
エンターテインメント協会[略称:CESA]、共催:日経BP社)は、インディペンデントゲーム開発者向けの2つの企画「インディーゲームコーナー(タイプA)」と「SENSE OF WONDER NIGHT 2017(センス・オブ・ワンダー ナイト 2017 / 以下、SOWN 2017)」の募集受付を開始しました。

※本記事は東京ゲームショウ2017のプレスリリースをそのまま掲載しています。

スポンサーリンク

2013年に新設したインディーゲームコーナーは、世界中の
インディペンデントゲーム開発者から多くの注目を集め、
昨年は322件の応募の中から選考の結果、21カ国・地域の
69団体が出展しました。

SOWNは、“誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような
感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームの
アイデアをプレゼンテーションする企画で、昨年はインディー
ゲームコーナー出展社のうち8カ国・地域から8組のファイナ
リストがアイデアを発表しました。

本日から公式ウェブサイト(?http://tgs.cesa.or.jp/?)に
おいて、2つの企画への募集受付を開始します。今年から、
両企画共通のエントリーとなり、そこから、インディー
ゲームコーナー(タイプA)の出展者と、SOWNの登壇者が
選考により選ばれます。応募の締め切りは6月9日(金)です。

また、昨年に引き続き、両企画のスペシャルスポンサーには、
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパン
アジア(以下、SIEJA)が決定しました。SIEJAは、インディー
ゲームコーナーにおいて、応募の中から事務局の選考により
出展が決定する「タイプA」の出展料金(4日間出展=99,900円、一般公開日2日間出展=32,400円)を全額サポートします。
これにより、本コーナー(タイプA)の出展料金は無料となります。なお両企画は、特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(略称:IGDA日本、理事長:高橋勝輝)の協力を得て実施します。

東京ゲームショウは、インディーゲームコーナーとSOWN?2017という、インディペンデントゲーム開発者向けの企画を通じて、新たなゲームアイデアを世界に発信する機会を提供してまいります。