賞金1億円「シャドウバース」世界大会で、日本のふぇぐ選手が優勝!2019年シーズンも世界大会開催決定

 ニュース 
  公開日時 

12月16日、スマホカードゲーム『Shadowverse』の世界一を決める「Shadowverse World Grand Prix 2018」が開催され、よしもとLibalent所属のふぇぐ選手が優勝を果たした。

賞金1億円「シャドウバース」世界大会で、日本のふぇぐ選手が優勝!2019年シーズンも世界大会開催決定

「Shadowverse World Grand Prix 2018」は、国内eスポーツ大会最高の優勝賞金100万ドル(約1億円)をかけ、2018年シーズンに世界各地の大会で優秀な成績をおさめた24名の選手による大会。

ふぇぐ選手は優勝インタビューで

「(この喜びは)所属チームのよしもとLibalentのメンバーに伝えたいです。成績が振るわない時期もありましたが、あきらめないで、毎日練習した結果だと思います。今日も1、2時間しか寝ないで練習をしました…シャドウバースには夢があります!本当に楽しいゲームなので、ぜひ、もっと多くの人にプレーしてもらいたいです」

とコメントした。
賞金1億円「シャドウバース」世界大会で、日本のふぇぐ選手が優勝!2019年シーズンも世界大会開催決定

2019年にも同額の優勝賞金100万ドル(約1億1,000万円)の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」の開催も発表された。続報は近日公開予定の「Shadowverse Next 2019」で発表される予定。