「BitSummit 7 Spirits」にて学生向けゲームジャムと、ワールドパビリオンを開催

 ニュース 
  公開日時 

日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)は、6月1日〜2日に開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」で、今年の新たな試みである学生向けゲームジャムと、ワールドパビリオンの開催について発表した。

学生向けゲームジャムについて

「BitSummit 7 Spirits」にて学生向けゲームジャムと、ワールドパビリオンを開催

これまでBitSummitでは、インディークリエイターに焦点を当て、主に日本のインディゲームを世界に紹介する目的でイベントを開催した。年々規模も大きくなり、今後はより良いクリエイターの育成にも力を注ぐべきと考え、BitSummit初の学生向けゲームジャムを開催した。

このイベントを通して若い有能なクリエイターを発掘し、国内外の多くの関係者にゲームを披露するチャンスを提供して、インディゲーム業界の更なる発展に繋げて行きたいと考えている。

初のゲームジャムは、2019年5月11日(土)と12日(日)の2日間、京都市北区にある総合地球環境学研究所(地球研)にて実施した。

BitSummit 7 Spiritsのテーマである「多様性」からヒントを得て、ゲームジャムのお題を「混然一体:様々なものが溶け合って一丸となること」と設定し、京都と大阪の大学や専門学校6校から、ゲーム制作を学ぶ総勢52名の学生と、各校の先生方が参加した。

事前に準備した企画書を用いてプランナーがプレゼンテーションを行い、その企画内容に賛同したプログラマーやデザイナーでチームを構成した。テーマの「混然一体」に倣い、様々な学校が混ざった8つのチームで、1作品ずつゲームを制作した。

BitSummit 7 Spiritsの本会場では、これら8つのゲームを展示する予定で、来場者は会場にて試遊が可能だ。

また、学生へのインタビューや当日の様子を記録したドキュメンタリー映像を、メインステージにて少しずつ公開を予定している。

ワールドパビリオンについて

「BitSummit 7 Spirits」にて学生向けゲームジャムと、ワールドパビリオンを開催

例年BitSummitを開催している『千年の都』京都は、国内有数の歴史ある街でありながら、「世界の人気観光都市ランキング」上位に常にランクインする国際都市。

また、2020年の東京オリンピックや2025年の大阪万博を控えて、日本に世界の注目が集まる中、BitSummitでもささやかながら、「BitSummit ワールドパビリオン」と題した国際的な祭典を開催する。

第一回の今年は、オランダ、カナダ、クロアチア、シンガポール、台湾、メキシコの6ヶ国が参加し、特設のワールドパビリオンブースにて、各国のインディーゲームや行政の取り組みなどを展示する。

受付で来場者に配られる会場パンフレットには、世界地図を背景にしたスタンプラリーのページが設けられる。会場フロアマップで「WP(ワールドパビリオン)」ブースを探して足を運ぶと、各国のスタッフがパンフレットにスタンプを押してくれる。6ヶ国分全て集めて受付に持って行き、7つめのBitSummitスタンプを押してもらうと、景品のイベントオリジナル缶バッジを手にすることができる。

「BitSummit 7 Spirits」にて学生向けゲームジャムと、ワールドパビリオンを開催

また、コンプリートしたパンフレットを1階屋外飲食ブースに持って行けば、各店舗につき1回のみ、100円割引のチケットとして利用ができる。飲食ブースには、「BitSummit × ワールドパビリオン」と題した、参加国ゆかりのメニューもいくつか用意されている。

6月1日(土)の14時20分からはメインステージにて、「It's an Indie, Indie World After All!」と題したワールドパビリオンのパネルディスカッションを開催する。参加各国のクリエイターが集結し、それぞれの国のインディーゲーム開発事情について対談する。

公式サイト

http://bitsummit.org/ja/