ローグライク・アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」が8月28日から発売、各ストアで予約を開始

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ちゃんたく 

コーラス・ワールドワイドは8月22日、韓国のゲームスタジオ
Devespresso Gamesが開発したローグライク&アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」のXbox One版を8月28日に、PS4,Switch版を8月29日に発売すると発表した。

ローグライク・アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」が8月28日から発売、各ストアで予約を開始

発売にあたって、PlayStation Store、Nintendo Switch eShop、Microsoft Storeの各ストアでデジタル版の予約を開始。
PS4版はパッケージ版も発売され、作曲家・音楽プロデューサーの日比野則彦氏監修によるオリジナルサウンドトラックCD(全12曲)がパッケージ特典として付属。ゲームミュージック分野で活躍中のシンガーソングライター、エミ・エヴァンスさんが歌うエンディング挿入曲「Golden Skies」も収録している。

また、ゲームガイドをウェブページ(https://chorusworldwide.com/vambrace-jp/ )で公開しており、全40ページのガイドにはアートブックを兼ねた各種設定資料やキャラクターの紹介、主人公リリックが根拠地とするデイルアーチの解説や各種TIPS、遠征に欠かせないNPCたちの紹介やパーティーの編成事例など、これからゲームをはじめる人向けのガイドとなっている。

ゲーム概要

幻影王は偉大な都市「アイセネア」を呪いにかけた。街はすべてが凍り付き、大氷蔽と呼ばれる高い氷の壁によって外部とは遮断されている。寒さに倒れた住人たちは、やり場のない怒りから亡者となって現世に復活し、かろうじて生き残った人々はかつてドワーフが地下深くに築いた城砦「デイルアーチ」へ逃げ込んだ。それぞれが危うい調和の中で共同生活を続けるなか、生存者たちはこの地から幻影王に抵抗する絶望的な戦いを繰り広げていた。
ある運命の日、不思議な腕甲を身につけた見知らぬ女性が、触れただけで命を奪う大氷蔽を突破し、アイセネアの街中で行き倒れているところを捜索隊が発見する。彼女はいま、生き残った人々唯一の希望かもしれない。

ゲームの特徴

チーム

5つの種族と10のキャラクタークラスから傭兵を募りパーティーを結成しよう。この厳しい環境で生き残るためには彼らの個性的なスキルと特性を活用しよう。

遠征

魂も凍てつく極寒の『アイセネア』へ遠征に乗り出しましょう。地上はいくつかの区域に分かれている。危険なクエストに挑みつつ、住人が残していった様々な物資を回収しパーティーの強化に努めよう。途中、パーティーに思わぬ利益や危険をもたらす出会いや決断があるかもしれない。

いまそこにある危機

住民たちが消え、亡者が徘徊する『アイセネア』の各地区には危険で満ちている。歩けば仕掛けられた罠が作動し、回避に失敗すればパーティーにダメージを与えるだろう。また仲間が倒れると復活させることはできず、遠征の続行が困難になるかもしれない。そして何よりも寒さは気力を落とし、長時間火にあたらなければ確実な死が訪れるだろう。

クラフト

物資の限られた「デイルアーチ」では使える物をアイセネアからかき集めている。様々な素材を揃えて遠征に欠かせない貴重なアイテムや仲間の能力を高める装備を作り出そう。そして主人公に新たなスキルを与える遺物を探し出そう。

ローグライク・アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」が8月28日から発売、各ストアで予約を開始 ローグライク・アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」が8月28日から発売、各ストアで予約を開始ローグライク・アドベンチャーゲーム「ヴァンブレイス:コールドソウル」が8月28日から発売、各ストアで予約を開始

ウェブサイト

https://chorusworldwide.com/vambrace-jp/

公式トレーラー