日本ゲーム大賞2020「U18部門」エントリー受付開始、Scratch3.0も対象に

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ニュー侍 

コンピュータエンターテインメント協会は12月12日、日本ゲーム大賞2020「U18(ゆーじゅうはち)部門」のエントリー受付を開始した。2020年より、幅広いプラットフォームで制作された作品を対象とすべく、Scratch3.0を対象に加えると共に、本コンテストへ応募された証として、全応募者の皆さまへ参加証(ステッカー)などのプレゼントも予定している。

日本ゲーム大賞2020「U18部門」エントリー受付開始、Scratch3.0も対象に

U18部門は、次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的に設立された、18歳以下を対象としたゲーム制作コンテスト。第2回目の開催となった2019年は、全国から多数のエントリーがあり、1次審査、予選大会を経て、東京ゲームショウ2019のイベントステージで実施した決勝大会での最終プレゼンテーション審査にて各賞を決定、発表を行った。

2020年度からのプログラミング教育必修化により、誰もが「プログラミング」を学べる時代がやってくる。これまで以上にゲーム制作を行う環境が整い、18歳以下の若い世代の才能に一層の注目が集まる中、本賞を通して次世代
の人材育成および産業の振興に今後より一層力を入れていくとのこと。

日本ゲーム大賞2020「U18部門」エントリーページ

https://u18.awards.cesa.or.jp/