プロゲーミングチームFAV gaming、「Apex Legends部門」を新設

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

KADOKAWA Game Linkageは8月7日、運営するプロゲーミングチームFAV gaming(ファブゲーミング)に「Apex Legends部門」を新設することを発表した。

プロゲーミングチームFAV gaming、「Apex Legends部門」を新設

KADOKAWA Game Linkageは、プロゲーミングチーム“FAV gaming”を運営し、eスポーツ選手やストリーマーのマネジメントを行っている。今回、既存部門の「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「ストリーマー部門」、「VALORANT部門」に加え、第6の部門として新たに「Apex Legends部門」を立ち上げた。

「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」は、Respawn Entertainmentが開発し、エレクトロニック・アーツより2019年2月に配信開始したバトルロイヤルFPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームで、リリースからすぐに世界中で爆発的人気となったタイトルだ。

今回新設した「Apex Legends部門」には、アマチュアチーム“TNAF”として活躍していた選手3名、IFyNoI3a選手、okina95選手、YutOa選手の入団が決定した。

“FAV gaming”発足から2年を迎え、他部門ではアジア、さらには世界で戦えるチームとして成長を遂げてきている。「Apex Legends部門」においても、世界での活躍を目標に、ファンを魅了する華麗なプレイと団結力で、一人でも多くの方に応援してもらえるチームになれるよう、精進していく。

まずは新生“FAV gaming”の初戦として、8月8日(土)に開催される公式大会「APEX LEGENDS GLOBAL SERIES」に挑む。

KADOKAWA Game Linkageは、これまで培ったきたチームマネジメントのノウハウを活かし、“FAV gaming”所属選手の活躍の場を広げ、選手のパフォーマンスや魅力を最大限に引き出せるよう、今後も全力で支援していくとのこと。

公式サイト